■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/02/03

MCQ20.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (n_____) (v____) : ニードル弁

(2) (p________) (a____) : 遷延性無呼吸/持続性無呼吸

(3) (e________) : 滲出

(4) (a____) (p___) (c_____) : 急性痛クリーゼ

(5) (o______) (r_________) : 浸透圧調節


[解答]
(1)needle valve(2)prolonged apnea
(3)exudation(4)acute pain crisis
(5)osmotic regulation


[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(呼吸回路) Tピース(ジャクソンリース)について正しいのはどれか。

ア:TピースはメイプルソンD回路である。

イ:Tピースは酸素がなくても使える。

ウ:Tピースでは患者の肺の硬さや呼気の感触を得やすい。

エ:Tピースでは弁機構を多用しているので回路が故障しやすい。

オ:Tピースでは高濃度酸素が常に投与可能である。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] TピースはメイプルソンD回路である。アンビューは酸素がなくても使用できるが、Tピースは酸素がないと使用できない。アンビューはバッグが硬いため、患者の肺の硬さや呼気の感触が得られないが、Tピースではこれらを得やすい。アンビューは弁機構が多く、回路が故障しやすいが、Tピースでは構造が簡単なので故障が極めて少ない。アンビューでは、リザーバーを正しく使用した時のみ高濃度酸素が投与できるが、Tピースでは常に高濃度酸素の投与が可能である。


[正解] (ア)、(ウ) [出典] LiSA Vol2-No3-p48〜(19995)




【問題3】(肝・腎・消化管) 血液透析を行う場合の、血流量はどれくらか?
1) 200ml/分
3) 50ml/分
5) 1000ml/分
2) 100ml/分
4) 400ml/分


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 血液透析を行う場合の、血流量は200ml/分、透析液の流量は500ml/分くらいである。


[正解] 1 [出典] 救急認定医診療指診P121



【問題4】(心臓・血管) 虚血性心疾患で、運動負荷試験陽性を示すのは、一般に(  )%以上の狭窄病変である.
1) 50 2) 75 3) 90 4) 95 5) 25

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ダブルマスター運動負荷試験が陰性でも,労作性狭心症(器質的冠動脈狭窄)は否定できない。
1)有意冠動脈狭窄とは,冠動脈内径の75%以上の狭窄をいう.
2)器質的冠動脈狭窄(冠動脈硬化)の診断には,運動負荷試験が有効である.
3)しかし運動負荷試験で陽性を示すのは,一般に90%以上の狭窄病変である.75%程度の狭窄では,必ずしも運動負荷試験陽性にはならないので注意が必要.
4)運動負荷試験方法としては,階段を用いるマスター(Master)法や自転車エルゴメータ法,トレッドミルなどがある.運動負荷試験の精度は負荷量によってかなり変動するが,一般的には感度は約 60%,特異度は約70%である.



[正解] 3 [出典] 知っているつもりの内科レジデントの常識非常識 第3章 378の常識 循環器編

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント