■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/02/14

MCQ2.png



【問題1】(医療英単語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (p________) : 病理学

(2) (a_________) (r_____) : 人工網膜

(3) (t____) (d______) : 腫瘍疾患

(4) (c_______) (p____) : 脳性まひ

(5) (e_______) : 多幸感


[解答]
(1)pathology(2)artificial retina
(3)tumor disease(4)cerebral palsy
(5)euphoria


[出典] RNN時事英語辞典 http://rnnnews.jp/




【問題2】(体液・電解質) マグネシウムには生理機能がいろいろあり「自然界の生理的(  )」と呼ばれている。
1) ドーパミン拮抗薬
3) β遮断剤
5) カリウム阻害薬
2) カルシウム拮抗薬
4) α遮断剤


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 非経口Mgは、抗不整脈薬や子癇前症の予防薬として、経験的に用いられている。マグネシウムには生理機能がいろいろあり「自然界の生理的カルシウム拮抗薬」とも呼ばれている。術前に硫酸Mgを投与された患者で、術後鎮痛が得られ、苦痛が軽減し、睡眠が改善され、特別の悪影響はなかったとの報告がある。またベクロニウムの神経筋遮断効果を増大させ、作用時間を延長させたとする報告がある。


[正解] 2 [出典] ANESTHESIA ANTENNA No24-p7



【問題3】(外傷・出血・感染) 腹腔内大量出血に対して大動脈の遮断を行う場合、常温での遮断の限界時間はどれくらいか?
1) 40分 2) 5分 3) 10分 4) 20分 5) 1時間

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 胸腔、腹腔、消化管内の出血で、急速輸血でもショックから離脱できなければ、急速輸血を続けながら開胸または開腹により止血しなければ、救命のチャンスはない。急速輸血によっても血圧の保てない(BP<70)腹腔内大量出血においては、開腹前に下行大動脈を遮断しておかなければ、開腹と同時にタンポン効果が失われ静脈還流の激減、出血の加速により心停止をきたす。<遮断の方法>(1)開胸により下行大動脈をクランプ。(2)左大腿動脈を露出、上下に血管テープを通してから血管壁に小切開をおき、8/22FrのFogaty occlusion catheterを挿入、横隔膜上まで進め、生食10〜20mlを注入し血流遮断する。経皮的に穿刺する場合は、12/14Frの穿刺シースを使い、Medi-Techの8〜27/8〜33のocclusion catheを使用する。限界時間は常温20分:15分遮断→5分解除を繰り返す。「脊髄・腎は脳の5倍長もちする」+「脳は4分で死(4)ぬ」=脊髄は20分。


[正解] 4 [出典] クリティカル記憶術1p156



【問題4】(心臓・血管) Forrester分類の IV 群の死亡率はどれくらいか?
1) 30% 2) 50% 3) 10% 4) 70% 5) 90%

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] Forrester分類(1977)の I 群の死亡率は3%、 II 群は9%、 III 群は23%、 IV 群は51%とされる。一方、理学所見のみから分類されるKillip分類では I 群6%、 II 群17%、 III 群38%、 IV 群81%の死亡率と報告されたが、近年はForrester分類と同程度の死亡率が報告されている。


[正解] 2 [出典] 内科レジデントマニュアルP83

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント