入院前環境の外傷患者の出血管理のためのトラネキサム酸(TXA)の使用:文献レビューと主要テーマの記述的分析

トラネキサム酸4.png・トラネキサム酸(TXA)は、外傷性出血量を防ぐために使用される抗線溶剤である。それは、出血性疾患患者の管理のための初めて臨床診療に導入され、特に、口腔外科的処置を受ける血友病患者の出血を減らすために適応となった。TXA は、プラスミノーゲンの活性化を競合的に阻害することにより、プラスミノーゲンのプラスミンへの変換を減らすことにより、凝固プロセスに作用する。これにより、最終的に線維素溶解が防止され、出血が減少する。このように、TXA は病院前環境での外傷性出血の管理に十分に適している可能性がある。

・臨床診療における TXA の使用に関する多数の研究にもかかわらず、入院前環境の外傷患者の出血管理に TXA を使用することに関してコンセンサスはない。したがって、このトピックのレビューが必要であった。

・広範な文献検索により、選択基準を満たす 14 件の完全なジャーナル記事が得られた。これらの記事を徹底的に分析し、以下のテーマが確認された:「TXA 投与の用量」、「TXA 投与のルート」、「TXA 投与の最適なタイミング」、「TXA 使用の安全性」、「TXA 使用の臨床効果」、「病院前環境での TXA の使用の実現可能性」。全体として、可能な限り最高の結果を達成するために、文献は TXA の負荷用量として 1g の使用と、その後 8 時間にわたって 1g の持続注入を、受傷から 3 時間以内のタイミングで経静脈的に投与することを支持している。

TXA は入院前環境で非常に効果的で安全に使用でき、その使用は臨床的および経済的に妥当である。
POINT外傷患者に対するトラネキサム酸は、受傷から 3 時間以内に、負荷用量 1g と、その後 8 時間の持続投与 1g が経静脈的に投与されるべきである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント