結腸直腸癌の腹腔鏡下根治的切除を受けた高齢患者の回復の質に及ぼす全身麻酔 vs硬膜外麻酔併用全身麻酔効果:前向き無…

・本研究の目的は、回復の質-15(QoR-15)アンケートによって、硬膜外ブロック併用全身麻酔か、全身麻酔下に結腸直腸癌の腹腔鏡下根治的切除を受けた患者の麻酔からの回復の質を評価することであった。 ・手術室、麻酔回復室、病棟での前向き無作為化試験であり、年齢 65 歳から 79 歳までの ASA-PS I/II、結腸直腸癌の腹腔鏡…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔の種類と初回片側膝関節全置換術における輸血のリスクとの関連:シンガポールでのコホート研究に基づく二次分析

・本研究では、人工膝関節置換術(TKA)を受ける患者で、他の共変量を調整後、輸血イベントのリスクに麻酔の種類が独立して関連しているかどうかを評価した。 ・これは、シンガポールで初回片側 TKA を受けた患者の後ろ向きコホート研究の二次分析であった。独立変数は麻酔の種類であり、従属変数は輸血イベントであった。麻酔または輸血イベントの…
コメント:0

続きを読むread more

低用量フルルビプロフェンアキセチルは術後の急性腎障害の割合を減少させる:9915 症例の後ろ向き的臨床データ分析

・フルルビプロフェンアキセチル(FA)は周術期の疼痛を和らげるために一般的に処方される薬剤であるが、FA と術後急性腎障害(AKI)の関係は不明のままである。本研究は、術後の AKI に及ぼす周術期 FA の異なる用量の効果を評価することを試みた。 ・合計 9915 人の患者が本後ろ向き研究に登録された。非使用患者、低用量(50〜…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/02/27

【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 (1) (a__________) : 失感情症/感情表出言語欠損症/アレキシチミア (2) (n______________) : 神経可塑性 (3) (______a) : 後遺症 (4) (_________s) : 嗄声 (5)…
コメント:0

続きを読むread more

大手術を受ける患者の軽度の高炭酸ガス血症と脳酸素飽和度の関係を調査する無作為化比較試験

・手術中の局所脳酸素飽和度(rSO2)に及ぼす高炭酸ガス血症の影響は不明である。軽度の高炭酸ガス血症と rSO2 の関係を調査するために、無作為化対照試験を実施した。著者らは、大手術中に正常炭酸ガスを目標とした場合(TN)と比較して、軽度高炭酸ガス目標とした場合(TMH)の方が rSO2 を増加させると仮定した。 ・オーストラリア…
コメント:0

続きを読むread more

術前リスクと、低血圧と術後急性腎障害との関連

・急性腎障害の医療への重大な影響にもかかわらず、予防に関してはほとんど知られていない。単施設のデータは、術後の急性腎障害の発症に低血圧が関係していることを示している。この知見の一般化可能性と、低血圧とベースライン患者の疾病負担との相互作用は不明のままである。著者らは、術中低血圧と急性腎障害との関連が術前リスクによって異なるかどうかを調査…
コメント:0

続きを読むread more

青年および成人における硬膜後穿刺頭痛のリスク

・脊椎麻酔には、嘔気やオピオイド消費量の減少など、多くの利点があることが知られている。ただし、硬膜後穿刺頭痛(PDPH)は、依然としてこの手法に関連する重大なリスクのままである。青年期のこの合併症を具体的に調査した文献はほとんどない。そこで、著者らの主な目的は、(1)外来で下肢手術を受ける年齢 12 歳から 19 歳までの患者で 27G…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術前のアンギオテンシン変換酵素阻害剤を内服している高血圧症患者における麻酔導入後の術中低血圧の頻度

・レニン-アンジオテンシン-アルドステロンシステム(RAAS)は、高血圧の治療における重要なターゲットである。アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤は、アンジオテンシン I からアンジオテンシン II への変換をブロックする。ACE 阻害薬は、高血圧を治療するだけでなく、心不全患者および急性心筋梗塞の患者の罹患率と死亡率も低下させる。…
コメント:0

続きを読むread more

入院前環境の外傷患者の出血管理のためのトラネキサム酸(TXA)の使用:文献レビューと主要テーマの記述的分析

・トラネキサム酸(TXA)は、外傷性出血量を防ぐために使用される抗線溶剤である。それは、出血性疾患患者の管理のための初めて臨床診療に導入され、特に、口腔外科的処置を受ける血友病患者の出血を減らすために適応となった。TXA は、プラスミノーゲンの活性化を競合的に阻害することにより、プラスミノーゲンのプラスミンへの変換を減らすことにより、凝…
コメント:0

続きを読むread more

定時手術を受ける患者の気道反射を回復する時間を最適化するためのセボフルラン麻酔の調節:デスフルランとセボフルラン麻…

・デスフルランには環境への有害な影響があるが、セボフルランと比較して、覚醒と気道保護反射の回復を加速する臨床的利点がある。著者らは、手術の最後の 15 分間に吸入セボフルランを徐々に減少させれば、これらの薬剤間の気道反射回復の差がなくなると仮定した。 ・施設倫理委員会の承認と説明と同意を取得した後、待機的手術(1 時間以上)を受け…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔後の一過性神経症状(TNS)の発症におけるリドカインと他の局所麻酔薬:無作為化対照試験のメタ分析

・脊椎麻酔におけるリドカインの使用は、以前のメタ分析によると、一過性神経症状()のリスクを高める可能性がある。ただし、以前のメタ分析には他の局所麻酔薬に関するデータが不足していたため、リドカインが TNS の発症に及ぼす影響を比較するには、さらに評価が必要である。本研究の目的は、脊椎麻酔を受ける患者でリドカインと他の局所麻酔薬による T…
コメント:0

続きを読むread more

肥満は、同時両側全膝関節形成術中の出血量または術直後合併症の発生率を増加させない:多施設共同研究

・本研究の目的は、同時両側膝関節全置換術(SBTKA)を受ける正常、過体重、I-II 肥満患者の出血量、輸血リスク、術直後合併症の発生率を判定することであった。 ・1070 件の SBTKA 手術を特定し、正常(BMI:18.0-24.9kg/m2)、過体重(BMI:25.0-29.9kg/m2)、肥満群(BMI:?30.0kg/…
コメント:0

続きを読むread more

高齢癌患者の術後認知機能障害に対するセボフルラン麻酔とプロポフォール麻酔の影響:二重盲式??無作為化対照試験

・セボフルランで麻酔した手術患者の臨床転帰およびセボフルランと術後認知機能障害(POCD)との関連性に関する研究は乏しい。高齢の癌患者において、セボフルランベースの麻酔が POCD の発生率を増加させ、プロポフォールベースの麻酔と比較して予後を悪化させるかどうかを評価した。 ・この単施設の前向き二重盲式無作為化比較試験には、手術中…
コメント:0

続きを読むread more

心臓手中の酸化的損傷と術後せん妄

・術後せん妄のメカニズムはよく理解されておらず、効果的な治療法の開発が制限されている。術中の酸化的損傷はせん妄と神経傷害に関連し、血液脳関門の破壊はこれらの関連を辺kさせるという仮説を検証した。 ・腎傷害とせん妄を減らすためにアトルバスタチンの臨床試験に登録された 400 人の心臓手術患者の事前指定されたコホート研究で、著者らは、…
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩の自然回復は、腹部手術後の術後肺合併症の独立危険因子である:二次分析

・中リスクから高リスクの患者では、大きな腹部手術は、主に肺の術後合併症の高い発生率を伴っている。筋弛緩薬が寄与因子として提案されているが、これはまだ証明されていない。本研究の目的は、筋弛緩管理(拮抗)と術後肺合併症(PPC)との関係を明らかにすることである。 ・「腹部手術における個別化した周術期開放肺アプローチ vs 標準的肺保護…
コメント:0

続きを読むread more

待機的非心臓手術後の術後集中治療室入室:NSQIP データベースの単施設分析

・手術後の集中治療室(ICU)への入室は、重大合併症率と死亡率に関連する可能性がある。この観察コホート研究の目的は、待機的非心臓手術を受ける患者で、術後 ICU 入室に関連する周術期因子を特定することである。 ・2011 年 1 月から 2016 年 9 月まで、三次医療大学医療センターの ACSNSQIP データベースのデータを…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術中の深い筋弛緩は術中出血量を減らす:無作為化臨床試験

・脊椎手術は通常、後方アプローチを使用して腹臥位で行われます。しかし、腹臥位は背中の静脈うっ血を引き起こす可能性があり、したがって手術の中断とともに手術出血量が増加する可能性がある。大きな血管が圧迫されて心臓への静脈還流が減少するため、腹臥位は心拍出量にも影響する。深い筋弛緩は、腹臥位での脊椎手術中の手術出血量の減少に関連すると仮定した…
コメント:0

続きを読むread more

発声、舌の突出、仰臥位での Mallampati テストは、Cormack-Lehane テストと最も相関している

・これまでに多くの Mallampati テストの修正版が開発された。Samsoon の修正マランパティテスト(標準 Mallampati テスト)は現在広く使用されている。標準 Mallampati テストに加えて、7 種類の Mallampati テストの評価プロトコルを新たに設計した。本研究では、Mallampati テストとCo…
コメント:0

続きを読むread more

手術中の食道癌患者における周術期の口腔ケアによる術後肺炎の予防:775 人の患者の多施設後ろ向き研究

・術後肺炎は、食道癌手術後の主要な合併症の 1 つである。術後肺炎に関連する危険因子は、全身の健康不良、喫煙、肺機能低下、真性糖尿病、外科的ストレス、高齢、術後誤嚥、口腔衛生である。本研究では、現在までのエビデンスが明らかではないため、術後肺炎の軽減に及ぼす周術期口腔ケアの効果を調べた。 ・食道癌手術を受ける患者で、周術期口腔ケア…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での術前検査所見による術後肺炎の危険因子

・本研究は、呼吸機能検査の結果と口腔状態に応じて、全身麻酔下での手術後術後合併症に関連する危険因子を調査するために実施された。 ・九州大学医学部付属病院で全身麻酔下で手術を受けた 471 人の患者の術前検査データを収集した。全患者で、呼吸機能検査、口腔検査、周術期口腔管理が行われた。術後合併症の発生率と危険因子を調査した。術後合併…
コメント:0

続きを読むread more

成人の術後咽頭痛を防ぐためのケタミンの局所適用:系統的レビューとメタ分析

・術後咽喉頭痛は、望ましくない術後の転帰の最たるものである。ケタミンは N-メチル-d-アスパラギン酸受容体拮抗薬であり、その局所適用は慢性疼痛や口腔/咽喉の適応に使用される。術後の喉頭痛を予防するための術前の局所ケタミン適用の有効性を評価するために、系統的レビューを実施した。 ・2019 年 9 月 23 日まで、MEDLINE…
コメント:0

続きを読むread more

α2-アドレナリン受容体作動薬は、内因性カンナビノイド系を介して末梢抗侵害受容を誘導する

・キシラジンは、獣医学および動物実験で広く使用されている α2 アドレナリン受容体作動薬であり、全身麻酔をかけることなく鎮痛、鎮静、筋弛緩をもたらす。キシラジンによって誘導される末梢抗侵害受容に関与するメカニズムの知識の欠如、アドレナリン作動性と内因性カンナビノイドシステム間の潜在的な相互作用を考慮して、本研究ではキシラジンのメカニズム…
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォール麻酔中の CO2 気腹に及ぼす反応を抑制するためのレミフェンタニル必要量における性差の影響:上下連続…

・腹腔鏡下手術中の CO2 気腹は、激しい血行動態の変化を引き起す。ただし、プロポフォールと併用た CO2 気腹に対する心血管反応を阻害するために必要なレミフェンタニル量は不明のままである。さらに、患者の性別がオピオイドに対する反応に影響を与える可能性があり、これがこ必要量に影響を与える可能性がある。本研究の主な目的は、プロポフォール麻…
コメント:0

続きを読むread more

婦人科腹腔鏡手術後の肩の痛みに対する術後トレンデレンブルグ体位の影響:無作為化臨床試験

・腹腔鏡手術は、開腹手術と比較して合併症率、疼痛、費用が低いため、多くの婦人科手術の標準治療となっている。残念なことに、気腹に二酸化炭素(CO2)を使用することは、術後の肩の痛みの主な原因である。 ・著者らは、婦人科腹腔鏡手術後の肩の痛みに対する術後トレンデレンブルグ体位の影響を評価することを目指している。トレンデレンブルグで患者…
コメント:0

続きを読むread more

術後肺合併症を予防するための術中換気戦略:無作為化対照試験のネットワークメタ分析

・手術患者の肺保護換気戦略に関する議論は進行中である。エビデンスは、低一回換気量 VT の使用が臨床転帰を改善することを示唆している。ただし、低 VT 換気に組み込まれた PEEP と肺加圧操作(RM)戦略の最適値は不明のままである。 ・いくつかの電子データベースを検索して、低 VT 戦略と従来型人工呼吸(CMV)の比較、または手…
コメント:0

続きを読むread more

成人の術後気道合併症を予防するための静脈内リドカイン:系統的レビューとメタ分析

・全身麻酔を受ける手術患者では、抜管時の咳嗽がよく見られ、潜在的に危険な合併症を引き起こす可能性がある。著者らは、咳嗽や他の気道合併症を防ぐための周術期中のリドカインの静脈内投与の有効性と安全性を評価するために、系統的レビューとメタ分析を実施した。 ・著者らは、全身麻酔下で手術を受ける成人患者で、周術期静脈内リドカイン投与を対照群…
コメント:0

続きを読むread more

硬膜穿刺後頭痛の予防-無作為化比較試験

・研究の目的は、硬膜穿刺後頭痛(PDPH)のリスクに及ぼす針のサイズ、針のデザイン、スタイレット再挿入の影響を調査するために、診断的腰椎穿刺(LP)を受ける 952 人の被験者を調査した。 ・本無作為化二重盲式試験は、2013 年から 2018 年にかけてスウェーデンのウメオ大学病院で実施された。被験者には、3 本の針のうち 1 …
コメント:0

続きを読むread more

動脈瘤性くも膜下出血のベータ遮断薬:系統的レビューとメタ分析

・動脈瘤性くも膜下出血(aSAH)後の交感神経系の活性化は、合併症と予後不良に関連している。この系統的レビューとメタ分析では、aSAH 後の転帰に及ぼすベータ遮断薬の影響を調査する。 ・レビューは PROSPERO に登録された(CRD42019111784)。 MEDLINE、EMBASE、Cochrane Library、公開…
コメント:0

続きを読むread more

ブドウ糖投与は、腹腔鏡下胆嚢摘出術後の術後悪心嘔吐の発生率を低下させる可能性がある:二重盲式無作為化比較試験

・術後悪心嘔吐(PONV)は、麻酔に付随する合併症の中で最も一般的で望ましくないものであり、患者の不快感や入院期間の延長につながる。本研究では、腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)を受ける患者で PONV に及ぼす術前/術中ブドウ糖注入の効果を評価および比較する。 ・本前向き二重盲式無作為化対照試験には、3 群に分けられた 93 人の AS…
コメント:0

続きを読むread more

声門上気道器具による全身麻酔後の咽喉痛に対する術前ガム咀嚼の効果:無作為化対照試験

・術後咽頭痛(POST)は、声門上気道(SGA)器具による全身麻酔後も珍しくない。いくつかの薬理学的および非薬理学的手段が POST を減らす可能性があると報告されたが、制限事項や成功率がいろいろであるため、POST を軽減するためのより簡単で効果的な方法を見いだす必要がある。 ・本前向き観察者盲式無作為化比較試験では、SLIPA…
コメント:0

続きを読むread more