筋弛緩の自然回復は、腹部手術後の術後肺合併症の独立危険因子である:二次分析

・中リスクから高リスクの患者では、大きな腹部手術は、主に肺の術後合併症の高い発生率を伴っている。筋弛緩薬が寄与因子として提案されているが、これはまだ証明されていない。本研究の目的は、筋弛緩管理(拮抗)と術後肺合併症(PPC)との関係を明らかにすることである。 ・「腹部手術における個別化した周術期開放肺アプローチ vs 標準的肺保護…
コメント:0

続きを読むread more