青年および成人における硬膜後穿刺頭痛のリスク

・脊椎麻酔には、嘔気やオピオイド消費量の減少など、多くの利点があることが知られている。ただし、硬膜後穿刺頭痛(PDPH)は、依然としてこの手法に関連する重大なリスクのままである。青年期のこの合併症を具体的に調査した文献はほとんどない。そこで、著者らの主な目的は、(1)外来で下肢手術を受ける年齢 12 歳から 19 歳までの患者で 27G…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more