■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/03/06

MCQ17.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (a________) (a_____) (a_______) : 腹部大動脈瘤

(2) (e________) (t__________) : 緊急気管切開

(3) (a________) (p______) : 副伝導路

(4) (_____________n) : 過飽和/飽和過度

(5) (c______) (a_____) : 心臓[性]喘息


[解答]
(1)abdominal aortic aneurysm(2)emergency tracheotomy
(3)accessory pathway(4)oversaturation
(5)cardiac asthma


[出典] 麻酔科学用語集 第3版




【問題2】(局所麻酔) 硬膜外麻酔または脊椎麻酔下での子宮摘出術中の悪心の原因はどれか.
ア:血圧低下
ウ:腸管蠕動の亢進
オ:−−−−
イ:低酸素血症
エ:麻酔高が不十分


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] (ア):(正)脳への血流低下により酸素供給が低下すると悪心が発生する.治療にエフェドリンの投与
(イ):(正)呼吸抑制により低酸素血症が発生する.補助呼吸を施行する.
(ウ):(正)交感神経遮断により相対的に副交感神経が亢進し,腸管の蠕動が亢進する.治療にアトロピン投与
(エ):(正)内臓神経が十分遮断されていない.治療にドロペリドール(0.625〜1.25 mg)投与



[正解] 全て [出典] Super Hospital 麻酔科



【問題3】(麻酔薬) 吸入麻酔薬について正しいのはどれか?

ア:カルシウム拮抗薬はMACを低下させる。

イ:クロロホルムは肝毒性が問題で使用されなくなった。

ウ:妊娠ではMACは変わらない。

エ:揮発性麻酔薬は粘膜の線毛運動による気道浄化作用を低下させる。

オ:二酸化炭素吸収剤によって最も多く一酸化炭素を生じるのはデスフルランである。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ○:バルビツレート、オピオイド、α2遮断薬、カルシウム拮抗薬はMACを低下させる。
○:クロロホルムとハロタンは肝毒性が問題で使用されなくなった。メトキシフルランは腎毒性が問題で使用されなくなった。
×:妊娠はMACを低下させる。出産に向けて疼痛閾値を低下させている生理的現象の結果と考えられる。
○:揮発性麻酔薬、乾燥した吸入ガス、人工呼吸、高濃度の酸素投与は、粘膜の線毛運動による気道浄化作用を低下させる。
○:二酸化炭素吸収剤による一酸化炭素発生量は、同一MACでは、デスフルラン>エンフルラン>イソフルランの順である。セボフルラン、ハロタンはほとんど一酸化炭素を生じない。



[正解] 解説を参照 [出典] 麻酔科シークレット第2版 p65-71





【問題4】(胸部手術の麻酔) 肺血管抵抗を上昇させるのはどれか。
ア:低酸素症
ウ:アシドーシス
イ:高二酸化炭素症
エ:低体温

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] いずれも肺血管抵抗を上昇させる。そのほか、高い気道内圧、α刺激薬投与などでも肺血管抵抗は上昇する。


[正解] (全て) [出典] 麻酔科クリニカル問題集

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント