腹臥位で換気された小児患者の術中無気肺に及ぼす定期的な肺胞加圧操作の効果:無作為化比較試験

腹臥位.png・乳児では、腹臥位での全身麻酔後、しばしば酸素飽和度低下が起こる。腹臥位での全身麻酔後の乳児および小児の無気肺の予防における定期的な肺加圧の効果を評価することを目的とした。

・腹臥位で全身麻酔(2 時間以上)を受ける小児(年齢<3 歳)を無作為化して、定期的な肺胞リクルートメントか、またはリクルートメントなしの標準ケアのいずれかを受けた。超音波ガイド下肺胞リクルートメントは両群に対して実施され、人工呼吸は 6 ml/kg の換気量と 7 cm H2O の PEEP で開始された。人工呼吸中、介入(定期的リクルートメント)群は、1 時間に 1 回肺胞リクルートメントを受けた。麻酔導入と体位変換の後、肺超音波検査を実施した。主要評価項目は、割り当て群を知らされない調査員によって実施された肺超音波検査によって評価した、抜管前の有意な無気肺(いずれかの領域の浸潤影スコア≧2 と定義)の発生率であった。

・73 人の小児(定期的リクルートメント:37 人、標準ケア:36 人)が分析に含まれた。1 時間ごとの介入の前に、無気肺は、仰臥位(両群で 83.3%、P>0.99)と腹臥位(88.9% vs 91.9%、P=0.970)の両方で、定期的肺胞リクルートメント群または標準ケア群に無作為化された小児の間で同様であった。抜管前の無気肺の発生率は、標準ケアに無作為化した小児の 47.2% と比較して、定期的肺胞リクルートメントを受けた小児(8.1%)の方が低かった(絶対リスク低減:39.1%[95%信頼区間:20.6-57.6%)、P<0.001)。

腹臥位で全身麻酔を受ける年齢 3 歳未満の乳児および小児で、定期的な肺胞リクルートメントにより、手術終了時の無気肺の発生率が低下した。

腹臥位の小児では、定期的に肺加圧操作を行った方が良さそうだ。

【出典】
Effect of regular alveolar recruitment on intraoperative atelectasis in paediatric patients ventilated in the prone position: a randomised controlled trial.
Br J Anaesth. 2020 Mar 10. pii: S0007-0912(20)30085-4. doi: 10.1016/j.bja.2020.01.022. [Epub ahead of print]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント