リドカインは、大きな脊椎手術を受ける小児でセボフルラン消費量を減らし、回復経過を改善する

・手術中に静脈内リドカインを投与すると、術後の転帰が改善される。しかし、静脈内リドカインと揮発性麻酔薬必要量との関係を評価した研究はほとんどない。本研究では、大きな脊椎手術を受ける小児でリドカイン治療がセボフルランの消費量と術後意識障害に及ぼす影響を評価した。 ・患者は無作為にリドカインとプラセボ(対照)の 2 治療群に分けられた…
コメント:0

続きを読むread more

術後シバリングに対するアセトアミノフェンの周術期投与の効果:無作為化三重盲式プラセボ対照試験

・本無作為化三重盲式プラセボ対照試験では、周術期アセトアミノフェン投与が術後シバリングに予防効果があるという仮説を検証した。 ・婦人科開腹手術を予定されている 45 人の女性を、アセトアミノフェンまたはプラセボ群のいずれかに無作為に割り付けた。全身麻酔導入後、試験薬(アセトアミノフェン 15 mg/kg)またはプラセボ(0.9% …
コメント:0

続きを読むread more

術後肺合併症の予防のための麻酔中の呼気終末陽圧:無作為化対照試験の試験逐次分析によるメタ分析

・術中呼気終末陽圧(PEEP)が術後肺合併症のリスクを減らす可能性があるかどうかは議論の余地がある。術中の PEEP が手術を受ける麻酔患者で肺合併症を減少させるかどうかを調査するために、現在利用可能な文献の系統的レビューを行った。 ・PubMed、Embase、Cochrane Library を検索して、成人の術後肺合併症につ…
コメント:0

続きを読むread more

成人期の全身麻酔による手術への曝露は、高齢者の脳アミロイド沈着の増加と関連していない

・全身麻酔(手術/GA)による手術への暴露は、皮質の萎縮に関連付けられているが、病因は不明のままである。アミロイド-β(Aβ)沈着は、アルツハイマー病(AD)の顕著な病理学的特徴の 1 つである。手術/ GA にさらされた研究参加者の脳Aβ負荷を調べた。 ・著者らは、メイヨークリニック加齢研究において、年齢 70 歳から 97 歳…
コメント:0

続きを読むread more

病的肥満患者の挿管に際しての McGrathビデオ喉頭鏡 vs マッキントッシュ直接喉頭鏡検査:無作為化試験

・米国人口の 3 分の 2 が肥満であり、約 8% が病的肥満であると考えられている。肥満患者は、気道管理において臨床麻酔医に独特の課題を提示する場合がある。ビデオ喉頭鏡sは気道の可視化を向上させる可能性があり、これにより挿??管の成功が理論的に改善される。しかし、病的肥満患者におけるこれまでの研究は限られていた。そこで、McGrath…
コメント:0

続きを読むread more

腹臥位で換気された小児患者の術中無気肺に及ぼす定期的な肺胞加圧操作の効果:無作為化比較試験

・乳児では、腹臥位での全身麻酔後、しばしば酸素飽和度低下が起こる。腹臥位での全身麻酔後の乳児および小児の無気肺の予防における定期的な肺加圧の効果を評価することを目的とした。 ・腹臥位で全身麻酔(2 時間以上)を受ける小児(年齢<3 歳)を無作為化して、定期的な肺胞リクルートメントか、またはリクルートメントなしの標準ケアのいずれかを…
コメント:0

続きを読むread more

腹部骨盤手術後の退院時オピオイド処方に関する推奨事項:系統的レビュー

・腹部骨盤手術後の退院時オピオイド処方はいろいろで、しばしば過剰である。腹部骨盤外科医のためのガイダンスの欠如が、現在の処方が最適とはいえない状況を説明するかもしれない。本研究の目的は、退院時オピオイド処方、オピオイドの適切な廃棄、慢性的な術後オピオイド使用の予防に関する既存の推奨事項を体系的にレビューすることである。 ・この系統…
コメント:0

続きを読むread more

幼児に炭水化物の豊富な飲み物を摂取した後の胃内容排出の超音波検査評価:無作為化クロスオーバー研究

・ヨーロッパにおける最近のコンセンサス声明は、小児の清澄液の絶食時間を手術 の 1 時間前まで短縮できることを示唆している。ただし、清澄液の 1 時間の絶食時間が幼い小児でも安全であることを示す研究はまだ不足している。本研究の目的は、年齢 3〜7 歳の小児で炭水化物が豊富な飲み物と通常の 5% ブドウ糖溶液の胃内容排出時間を調査すること…
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス移植を受ける患者の死亡率と臨床転帰に及ぼす揮発性麻酔薬の影響:無作為化臨床試験のメタ分析

・揮発性麻酔薬の術中使用が冠動脈バイパス術(CABG)を受ける患者の術後臨床転帰にプラスの効果をもたらすかどうかは不明のままである。そこで、CABG を受ける患者で揮発性麻酔の長期的および短期的死亡率と臨床転帰、全身静脈麻酔(TIVA)のそれと比較して体系的に分析することを目的とした。 ・著者らは、CABG を受ける患者で揮発性麻…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開患者の急性術後疼痛に対するアセトアミノフェン静注の鎮痛効果:無作為化二重盲検プラセボ対照試験。

・帝王切開分娩の割合は米国で増加している。満足な術後鎮痛は、依然として帝王切開の最優先事項である。オピオイド消費量の減少と患者満足度の改善を伴うマルチモーダル鎮痛は、この患者集団をケアする麻酔科医の目標である。著者らの研究では、24 時間にわたって 4 回に分けてアセトアミノフェンを静注し、帝王切開で脊柱管麻酔を行った患者の疼痛スコアと…
コメント:0

続きを読むread more

成人の鼡径ヘルニア修復における脊椎麻酔と全身麻酔の比較:系統的レビューとメタ分析

・鼡径ヘルニアの修復は、最も一般的に行われている外科手術の1つである。これまで、どの麻酔法を使用すべきかコンセンサスはない。このメタ分析の目的は、成人の鼡径ヘルニア修復における脊椎麻酔(SA) vs 全身麻酔(GA)の有効性を評価することであった。 ・2020 年 1 月以前に、PubMed、Embase、ScienceDirec…
コメント:0

続きを読むread more

マッキントッシュビデオ喉頭鏡を使用した直接喉頭鏡検査と間接喉頭鏡検査:加えられた力を比較するマネキン研究

・上気道損傷と交感神経の活性化は、喉頭鏡検査中に加えられる力に関連している可能性がある。標準化マネキン声門を直接的、および間接的な視覚化を使用して、喉頭鏡検査中に加えられた力を比較した。 ・力変換器は、従来の直視型喉頭鏡としても使用できるグライドスコープ T-MAC マッキントッシュスタイルのビデオ喉頭鏡の凹面に適用された。34 …
コメント:0

続きを読むread more

経験豊富な救急隊員が実施したさまざまな気道シナリオにおける直接喉頭鏡とビデオ喉頭鏡の比較:無作為化クロスオーバーマ…

・気道管理は、待機手術と緊急手術時の両方での麻酔診療と、救急医療に不可欠な役割を果たす。本研究の目的は、マッキントッシュ喉頭鏡(MAC)、McGrath、TruView PCD を 5 つの気道管理シナリオで比較することであった。 ・本前向きクロスオーバーシミュレーション研究には、93 人の救急隊員が対象となった。全救急隊員は、直…
コメント:0

続きを読むread more

子宮摘出術後の認知症のリスク評価:台湾の国民健康保険研究データベースからの 14年間のデータの分析

・麻酔と手術は高齢者の認知症のリスクを高める可能性があるが、女性の認知症の有病率が高いことやその他のエビデンスは、子宮摘出術を受ける若い女性の認知症のリスクが増加することを示唆している。本研究では、子宮摘出後の認知症のリスクを評価した。 ・2000 年から 2013 年までに国民健康保険研究データベースに登録された子宮摘出術は、後…
コメント:0

続きを読むread more

中心静脈圧の上昇は、重症患者の死亡率と急性腎障害の増加に関連している:メタ分析

・重篤な成人患者における中心静脈圧(CVP)と死亡率および急性腎障害(AKI)の関連は不明のままである。重篤な成人患者で CVP の上昇が死亡率と AK の増加Iに関連しているかどうかを調査するために、メタ分析を実施した。 ・2019 年 6 月まで PubMed と Embase を検索して、集中治療室に入室した重症患者の CV…
コメント:0

続きを読むread more

小児麻酔における適切な気管チューブサイズの推定のための声門下領域の超音波評価

・小児患者における気管チューブ(ETT)の選択は、主に年齢、身長、あるいは体重に基づいた公式によって行われる。著者らは、ETT の外径を予測するための声門下領域の超音波評価を、修正 Cole の式の外径比較した。本研究の目的は、全身麻酔下で外科的処置を受ける小児で、修正 Cole の式に基づくカフなし ETT 選択の妥当性と、声門下径の…
コメント:0

続きを読むread more

小児集団での適切サイズのカフなし気管チューブと超音波検査で決定された声門下径との相関

・従来の年齢に基づく公式では、気管チューブ(ETT)の正しいサイズを予測できないことがよくある。本研究では、適切なチューブサイズを調査する際の超音波の有用性を評価し、適切なチューブサイズを予測できる式を導出した。 ・合計 41 人の年齢 2〜6 歳、ASA--PS 1/2、カフなし ETT で全身麻酔下に待機手術を受ける小児が対象…
コメント:0

続きを読むread more

セボフルランを使用したエントロピーガイド下全身麻酔に及ぼす硬膜外鎮痛の影響の定量化-無作為化対照試験

・吸入麻酔剤の最小肺胞濃度(MAC)は、全身麻酔の適切なレベルを維持するための吸入剤必要量を示す。エントロピーを使用して麻酔深度を調節することによって、麻酔維持の精度を、さらに高くできる可能性がある。区域麻酔とそれに伴う求心路遮断により、全身麻酔の必要性が減少する。満足のいく麻酔深度を達成するために、エントロピーガイド下のセボフルランベ…
コメント:0

続きを読むread more

小児で i-gel および ProSeal LMA の口咽頭シール圧に及ぼす側臥位の影響

・声門上気道(SGA)は、適切な換気と誤嚥防止のために、良好な口咽頭シール圧(OSP)を備えている必要がある。著者らの目的は、側臥位が OSP に及ぼす影響を調査し、それによって小児の i-gel および ProSeal ラリンジアルマスク(PLMA)の換気パラメーターに及ぼす影響を調査することであった。 ・本前向き観察研究では、…
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォールとレミフェンタニルまたはスフェンタニルによる導入後の挿管条件の比較:外科的抜歯のための無作為化対照 …

・本研究の目的は、プロポフォール-スフェンタニルまたはプロポフォール-レミフェンタニルのボーラス投与と急速導入法による麻酔導入後の気管挿管条件を比較することであった。 ・抜歯に際して挿管を伴う全身麻酔下で外来手術を受ける合計 70 人の患者(ASA I/II)は、この二重盲式研究の 2 群に無作為に割り当てられた。患者は挿管に際し…
コメント:0

続きを読むread more

腹臥位での脊椎手術中の眼圧に対する麻酔法の影響

・目的は、全身麻酔と脊椎麻酔下での PP の腰椎手術中に眼圧(IOP)を調べ、PP のボランティアと比較することであった。 ・無作為化前向き単施設試験を実施した。患者は、PP で手術され 1〜2 箇所の脊椎分節を固定した。I 群の患者(n=30)は SA、2A 群(n=25)は、TIVA(全静脈麻酔)で 45°の頭部回転(左目は右…
コメント:0

続きを読むread more

上気道手術における術後早期回復の質に及ぼす静脈内リドカイン注入の効果

・リドカインの全身的注入は、周術期の鎮痛補助剤として広く使用されている。本無作為化二重盲式比較試験の目的は、上気道手術における術後の早期回復の質に及ぼす周術期リドカイン注入の効果を調査することであった。 ・前向き無作為化二重盲式プラセボ対照試験で、合計 99 人の患者をリドカイン群(L 群)か、または対照群(C 群)に無作為に割り…
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスとネオスチグミンによる筋弛緩拮抗と非心臓手術後の 90日死亡率との関連

・スガマデクスによる筋弛緩薬の拮抗は、術後残存筋弛緩を減少させることにより術後合併症を軽減することが知られている。ただし、90 日死亡率への影響は不明である。そこで、本研究の目的は、非心臓手術後の 90 日死亡率に関して、スガマデクスとネオスチグミンの効果を比較することであった。 ・本後ろ向きコホート研究は、2011 年から 20…
コメント:0

続きを読むread more

鎖骨上ブロックは、肩の手術後の急性疼痛管理に際して斜角筋間ブロックと同じくらい適しているか?系統的レビューとメタ分析

・斜角筋間ブロック(ISB)は、肩の手術に最適な急性疼痛管理手法であるが、その不都合な呼吸器副作用により、代替法の探索が促されている。鎖骨上ブロック(SCB)が ISB の代替法として提案されているが、鎮痛効果と呼吸器副作用回避効果の比較のエビデンスは一貫性がない。肩の手術で SCB と ISB の鎮痛効果と呼吸効果を比較した。 …
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開のための脊椎麻酔中の低血圧の治療のためのノルエピネフリンの静脈内ボーラスの ED50と ED95の決定

・ノルエピネフリンは、フェニレフリンと比較してより良い母体心拍数と心拍出量を維持するため、帝王切開分娩の脊椎麻酔中の血圧安定化の潜在的な代替手段と考えられている。ただし、低血圧治療のボーラス投与としての使用は、ほとんど未調査のままである。そこで、本研究では、帝王切開中の母体の低血圧のボーラスとしてのノルエピネフリンの ED50 と ED…
コメント:0

続きを読むread more

胆嚢摘出術を受ける女性の全身麻酔法と術後回復の質の認識:無作為化二重盲式臨床試験

・最もよく見られる全身麻酔法の 2 つは、全静脈麻酔(TIVA)と静脈/吸入バランス麻酔(BGA)である。これらの 2 つの手法のいずれかが、回復の質に関する患者の認識に影響するかどうかは不明である。本無作為化二重盲式臨床試験の目的は、全身麻酔下で腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける女性の術後回復の質を評価することであった。TIVA を受けた患者…
コメント:0

続きを読むread more

腎癌に対する硬膜外鎮痛併用の揮発性麻酔 vs 静脈麻酔の免疫抑制効果:予備的無作為化対照試験

・本研究の目的は、低位胸部硬膜外鎮痛併用全身麻酔下に腎癌手術を受ける患者において、細胞性免疫の抑制が全静脈麻酔と比較して吸入麻酔の使用下で強いという仮説を検証することであった麻酔。 ・患者はプロポフォールベース(静脈内麻酔)か、またはセボフルランベース(揮発性麻酔)麻酔群に無作為に割り当てられ、各群に 10 人の患者が、両群に硬膜…
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管による全身麻酔後の覚醒時咳嗽を軽減するための薬剤:系統的レビューとネットワークメタ分析

・覚醒時咳嗽は手術の完了後に患者に害を及ぼす可能性があるが、この症状を軽減するのにどの薬が最も効果的かは不明である。 RCT の系統的レビューとネットワークメタ分析を実施して、全身麻酔後の中等度から重度の咳嗽の軽減に及ぼす薬物の相対的有効性を調査した。試験した薬物は、リドカイン(カフ内、局所、気管内投与)、デキスメデトミジン、レミフェン…
コメント:0

続きを読むread more

パーキンソン病患者にっとての脊椎麻酔 vs 全身麻酔

・麻酔科医は、パーキンソン病(PD)では、全身麻酔(GA)を使用することを好む。しかし、GA は術中の神経症状を隠し、術後に悪化させることがある。さらに、GA で使用される麻酔薬は、PD 管理に使用される薬物と明確な相互作用がある。一方、脊椎麻酔(SA)で使用される薬物は、PD 患者にとってより安全である可能性がある。本研究の目的は、股…
コメント:0

続きを読むread more

周術期効率に及ぼすスガマデクスとネオスチグミン/グリコピロレートの影響

・手術室における筋弛緩は、術後の回復を促進し、手術室の患者の処理量を維持するために、拮抗剤の使用を必要とする。コリンエステラーゼ阻害剤は、麻酔診療における筋弛緩の拮抗の治療の歴史的標準診療となっている。合成ガンマシクロデキストリンであるスガマデクスは、代替薬と比較して、筋弛緩のより迅速で予測可能な拮抗が可能であるというエビデンスとともに…
コメント:0

続きを読むread more

初回股関節全置換術後の術後尿路感染症に及ぼす膀胱カテーテル法の効果

・膀胱カテーテルは股関節全置換術(THA)後の潜在的な感染源である。そこで、本研究の目標は、THA 患者で、間欠的カテーテル挿入が 留置カテーテル挿入と比較して、術後尿路感染症(UTI)のリスクを低下させるかどうかを調査することであった。 ・大規模医療システム内の 15 病院で THA を受けた患者は、2017 年から 2019 …
コメント:0

続きを読むread more