周術期効率に及ぼすスガマデクスとネオスチグミン/グリコピロレートの影響

・手術室における筋弛緩は、術後の回復を促進し、手術室の患者の処理量を維持するために、拮抗剤の使用を必要とする。コリンエステラーゼ阻害剤は、麻酔診療における筋弛緩の拮抗の治療の歴史的標準診療となっている。合成ガンマシクロデキストリンであるスガマデクスは、代替薬と比較して、筋弛緩のより迅速で予測可能な拮抗が可能であるというエビデンスとともに…
コメント:0

続きを読むread more