気管挿管による全身麻酔後の覚醒時咳嗽を軽減するための薬剤:系統的レビューとネットワークメタ分析

・覚醒時咳嗽は手術の完了後に患者に害を及ぼす可能性があるが、この症状を軽減するのにどの薬が最も効果的かは不明である。 RCT の系統的レビューとネットワークメタ分析を実施して、全身麻酔後の中等度から重度の咳嗽の軽減に及ぼす薬物の相対的有効性を調査した。試験した薬物は、リドカイン(カフ内、局所、気管内投与)、デキスメデトミジン、レミフェン…
コメント:0

続きを読むread more