胆嚢摘出術を受ける女性の全身麻酔法と術後回復の質の認識:無作為化二重盲式臨床試験

・最もよく見られる全身麻酔法の 2 つは、全静脈麻酔(TIVA)と静脈/吸入バランス麻酔(BGA)である。これらの 2 つの手法のいずれかが、回復の質に関する患者の認識に影響するかどうかは不明である。本無作為化二重盲式臨床試験の目的は、全身麻酔下で腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける女性の術後回復の質を評価することであった。TIVA を受けた患者…
コメント:0

続きを読むread more