小児集団での適切サイズのカフなし気管チューブと超音波検査で決定された声門下径との相関

・従来の年齢に基づく公式では、気管チューブ(ETT)の正しいサイズを予測できないことがよくある。本研究では、適切なチューブサイズを調査する際の超音波の有用性を評価し、適切なチューブサイズを予測できる式を導出した。 ・合計 41 人の年齢 2〜6 歳、ASA--PS 1/2、カフなし ETT で全身麻酔下に待機手術を受ける小児が対象…
コメント:0

続きを読むread more