子宮摘出術後の認知症のリスク評価:台湾の国民健康保険研究データベースからの 14年間のデータの分析

・麻酔と手術は高齢者の認知症のリスクを高める可能性があるが、女性の認知症の有病率が高いことやその他のエビデンスは、子宮摘出術を受ける若い女性の認知症のリスクが増加することを示唆している。本研究では、子宮摘出後の認知症のリスクを評価した。 ・2000 年から 2013 年までに国民健康保険研究データベースに登録された子宮摘出術は、後…
コメント:0

続きを読むread more