帝王切開患者の急性術後疼痛に対するアセトアミノフェン静注の鎮痛効果:無作為化二重盲検プラセボ対照試験。

・帝王切開分娩の割合は米国で増加している。満足な術後鎮痛は、依然として帝王切開の最優先事項である。オピオイド消費量の減少と患者満足度の改善を伴うマルチモーダル鎮痛は、この患者集団をケアする麻酔科医の目標である。著者らの研究では、24 時間にわたって 4 回に分けてアセトアミノフェンを静注し、帝王切開で脊柱管麻酔を行った患者の疼痛スコアと…
コメント:0

続きを読むread more