腹臥位で換気された小児患者の術中無気肺に及ぼす定期的な肺胞加圧操作の効果:無作為化比較試験

・乳児では、腹臥位での全身麻酔後、しばしば酸素飽和度低下が起こる。腹臥位での全身麻酔後の乳児および小児の無気肺の予防における定期的な肺加圧の効果を評価することを目的とした。 ・腹臥位で全身麻酔(2 時間以上)を受ける小児(年齢<3 歳)を無作為化して、定期的な肺胞リクルートメントか、またはリクルートメントなしの標準ケアのいずれかを…
コメント:0

続きを読むread more