病的肥満患者の挿管に際しての McGrathビデオ喉頭鏡 vs マッキントッシュ直接喉頭鏡検査:無作為化試験

・米国人口の 3 分の 2 が肥満であり、約 8% が病的肥満であると考えられている。肥満患者は、気道管理において臨床麻酔医に独特の課題を提示する場合がある。ビデオ喉頭鏡sは気道の可視化を向上させる可能性があり、これにより挿??管の成功が理論的に改善される。しかし、病的肥満患者におけるこれまでの研究は限られていた。そこで、McGrath…
コメント:0

続きを読むread more