■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/04/08

TEST8.png


■ Top 100 Secrets ■
Patients should take prescribed beta blockers on the day of surgery and continue them perioperatively. Because the receptors are up-regulated,withdrawal may precipitate hypertension,tachycardia,and myocardial ischemia. Clonidine should also be continued perioperatively due to concerns for rebound.

[Words & Phrases] ◆ prescribe [priskra'ib] : (薬を)処方する
◆ perioperatively [pe`rэa'pэrэtivli] : 手術に際して
◆ withdrawal [wiδdr⊃':эl] : (薬の)使用中止
◆ precipitate [prisi'pite`it] : 急に引き起こす、促進する


[出典]Anesthesia Secrets 3rd Edition




【問題1】(静脈麻酔) 筋弛緩剤について正しいのはどれか?

ア:成長期小児でのロクロニウム必要量は成人に比較して有意に少なくて済む。

イ:ロクロニウムは肝臓で70〜80%が代謝されて胆汁中に排泄される。

ウ:ベクロニウムの代謝物3-desacetyl体の排泄半減期はベクロニウムよりも数倍長い。

エ:ロクロニウムにもベクロニウムと同様に活性代謝物が存在する。

オ:ロクロニウムはセボフルラン麻酔時には約3〜4μg/kg/minの持続投与量を要する。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ア×:成長期小児でのロクロニウム必要量は成人に比較して有意に大きくなる。
イ×:ロクロニウムは生体内代謝を受けずに,その約70%はそのまま肝臓を介して胆汁中に排泄される。
ウ○:ベクロニウムの代謝物3-desacetyl体の排泄半減期はベクロニウムよりも数倍長い。
エ×:ロクロニウムには活性代謝物が存在しない。
オロ:クロニウムはセボフルラン麻酔時には約3〜4μg/kg/minの持続投与量を要する。



[正解] 解説を参照 [出典] Anesthesia 21 Century Vol.10 No.2-31 2008




【問題2】(心臓・血管) 洞不全症候群(SSS)を臨床上実用的に3分類したものを何という?
1) Killip
3) Forrester
5) Lown
2) NYHA
4) Rubenstein


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] NYHA(ニューヨーク心臓協会分類1度〜4度)は、日常生活活動による心疾患患者の重症度分類であり、問診の結果からだけで判定できる。Forrester分類(1977)は、Swan-Ganzカテーテルを使用して測定できる心拍出量(心係数:CI)と肺動脈楔入圧(PCWP)の値から、急性心筋梗塞の左心機能を血行動態面から4つのサブセットに分類したものである。LownはHolter心電図での心室性期外収縮の重症度をgrade0〜5に分類した。gradeがすすむと心室細動に移行する率が高くなる。Killipは、1967年急性心筋梗塞の心不全を身体所見(理学所見)の上から4型に分類した。この分類は聴診器1本で心不全の重症度が診断できる簡便さに加え、予後を的確に反映する指標となるため今日でも広く用いられている。Rubensteinは、洞不全症候群(SSS)を臨床的に1型(高度慢性洞性徐脈:HR<50)、2型(洞停止、洞房ブロック:P波が時々みられなくなる)、3型(徐脈頻脈症候群:俗称「ブラタキ」)の3型に分類した。


[正解] 4 [出典] クリティカル記憶術2P275





【問題3】(呼吸生理) 呼吸不全の重症患者に、70%酸素で人工呼吸をしている時のPaO2=150mmHgであった。この時のAaDO2はどれか最も近いか。
ア:447
エ:335
イ:415
オ:300
ウ:357



    ▼

    ▼

    ▼

[解説] (760-47)×0.7-40/0.8-150≒300


[正解] (オ) [出典] 第26回麻酔指導医認定筆記試験:B22

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント