■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/04/21

MCQ6.png



【問題1】(心肺蘇生) エピネフリンについて正しいのはどれか。

ア:エピネフリンは重炭酸ナトリウムと同じ静脈路から投与しても差し支えない。

イ:エピネフリンの血管外漏出は局所の虚血性潰瘍の原因となる。

ウ:エピネフリンを気管内に投与する場合は、静脈内投与量の2〜2.5倍量を投与する。

エ:エピネフリンは低濃度ではα作用が主で、高濃度になるとβ作用が出現する。

オ:出血量低減目的でのエピネフリンの過量投与では、初期の血圧上昇に引き続き低血圧を認める。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] エピネフリンは重炭酸ナトリウムと同じ静脈路から投与してはならない。エピネフリンの血管外漏出は局所の虚血性潰瘍の原因となる。誤って漏出させた場合は、重炭酸Naで中和させる。エピネフリンを気管内に投与する場合は、静脈内投与量の2〜2.5倍量を5〜10ml生食で希釈投与する。エピネフリンは低濃度ではβ作用が主で、末梢血管拡張と心拍数増加、心収縮力増大が認められるが、高濃度になるとα作用が強くなり、末梢血管抵抗の増大と血圧の上昇を認める。出血量低減目的でのエピネフリンの過量投与では、初期の血圧上昇(α)に引き続き低血圧(β2)を認める。


[正解] (イ)、(ウ)、(オ) [出典] LiSA Vol2-No9-p10(1995)


【トラブル・シューティング】〜麻酔緊急Vol.1p156

(小児麻酔)『小児麻酔導入時の末梢静脈ライン確保』

小児心臓手術では、利尿剤と水分制限のため循環血液量は少なく、導入時の興奮も加わり四肢は乾燥して末梢ライン確保に難渋する。末梢静脈ライン確保のため①適度な鎮静:心機能が悪く頻呼吸状態で換気を行っているので過度の鎮静は避ける ②脱水予防:入室4時間前にミルク2ml/kg、2時間前に糖水1〜2ml/kg経口投与 ③末梢の保温に注意する。上肢末梢(橈骨皮静脈・第3〜4・第4〜5指中手骨間)→足首内側の前脛骨静脈→大腿静脈→外頚静脈→顔面皮静脈の順に試みる。骨髄輸液用穿刺針を常備している。







【問題2】(麻酔中の問題) 周術期に一時的ペースメーカの適応となる状態はどれか。

ア:失神発作を起こす洞不全症候群

イ:Mobitz1型 II 度房室ブロック

ウ:完全房室ブロック

エ:二束ブロック

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 薬物に反応しない症候性の徐脈や、より高度のブロックに進展する可能性のある伝導障害は、ペースメーカの適応となる。


[正解] (ア)、(ウ) [出典] 麻酔科クリニカル問題集


■ Top 100 Secrets ■
The output of traditional vaporizers depends on the proportion of fresh gas that bypasses the vaporizing chamber compared with the proportion that passes through the vaporizing chamber.

[Words & Phrases] ◆ vaporizing chamber : 気化室
◆ compared with : 〜と比較[対照]して、〜と比べると


[出典]Anesthesia Secrets 3rd Edition

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント