全身麻酔下の手術と認知症の発症との関係:系統的レビューとメタ分析

・研究の目的は、これまでに発表された疫学研究からのエビデンスを確認および統合することにより、全身麻酔への曝露とアルツハイマー病(AD)および認知症の発症との関連を調査することである。 ・MEDLINE、EMBASE、Google Scholar を検索して、2018 年 4 月までに全身麻酔への暴露後に AD/認知症のリスクを報告…
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中の非産科手術および麻酔の母体と胎児の転帰に影響を与える要因:三次大学病院単施設データの後ろ向きレビュー

・妊娠中の産科以外の手術に際しての麻酔は、一般に母体と胎児の転帰に悪影響を及ぼすことが知られている。非産科手術に関連する胎児と母体の有害転帰のリスクを評価した。 ・この後ろ向き研究は、三次大学病院で非産科手術を受けた妊婦の臨床データを分析した。過去 16 年間の病院の行政データを使用して出産の入院をレビューした。結果の評価には、早…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/04/30

【問題1】(麻酔薬) 局所麻酔薬について正しいのはどれか? ア:ロピバカインの機能と構造はメピバカインに類似している。 イ:局所麻酔薬のpKaが組織pHに近いほど、作用発現が遅くなる。 ウ:クロロプロカインはアミド型局所麻酔薬である。 エ:ブピバカインの心毒性のリスクは妊娠で高くなる。 オ:神経細胞の脱分極はK+イオン…
コメント:0

続きを読むread more

脊髄損傷患者の産科管理:ACOG 委員会の意見の要約、808 番

・米国では、毎年約 17,730 件の新しい脊髄損傷(SCI)が発生している。効果的なリハビリテーションと最新の生殖技術により、妊娠を検討しているこれらの患者数が増える可能性がある。産科婦人科医およびそのような患者をケアする他の産科ケア専門家は、妊娠中および産後の期間に発生する可能性のある SCI に関連した問題に精通している必要がある…
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外麻酔は、根治的膀胱切除術を受ける高齢者の術後合併症の増加に関連している可能性がある:米国外科学会手術の質改善…

・硬膜外麻酔は、整形外科手術において心肺合併症の減少と出血量の減少に関連している。根治的膀胱切除術を受けた患者の転帰に及ぼすその影響は不明である。米国外科学会手術の質改善プロジェクト(NSQIP)の大規模な全国データベースを使用して、根治的膀胱切除術中の硬膜外麻酔の使用が術後合併症が影響を及ぼすかどうかを調査することを目的としている。 …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/04/28

■ これって常識? ■呼吸筋麻痺.動脈血ガスの結果で安心するな! 1)重症筋無力症,多発性筋炎,ギランバレー症候群….いずれも重症化すると呼吸筋麻痺をきたしうる疾患である.さて,動脈血ガスでPaCO247 torr…などというと,大丈夫であろうか? 安心はできない.呼吸による胸の上がりや肺活量をよく観察することである. 2)呼…
コメント:0

続きを読むread more

試験用量としてのサクシニルコリンの硬膜外腔への偶発的注入

・硬膜外腔への非硬膜外薬の不注意な注入はまれな状況であり、報告されていないため、心血管および呼吸器合併症、対麻痺、または四肢麻痺などの重症の合併症を引き起こし、患者の手術転帰を悪化させる可能性がある。 ・硬膜外に投与されたサクシニルコリンは、線維束攣縮と息切れの出現をきたし、筋弛緩を延長する可能性がある。大きな腹部手術を予定してい…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/04/27

【トラブル・シューティング】〜麻酔緊急Vol.1p72 (呼吸器系)『もし空気塞栓が起きたら』 坐位での頭頂部髄膜腫摘出術中に生じた空気塞栓の1例:頭頂部の穿頭が終わった頃突然の心拍数増加とPETCO2低下と肺動脈圧上昇、ST低下を認めた。空気塞栓の発生を術者に告げ、直ちに純酸素にして右心房と手術部位との差が10cm程度とな…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術中の術中気胸の検出と管理

・全身麻酔中の術中気胸はまれであるが、致命的となる可能性のある合併症である。肺疾患の既往、圧外傷、腹腔鏡手術は、術中気胸を発症するリスクが高まる。徴候はしばしば非特異的であるため、手術中の診断は困難な場合がある。 ・著者らは、待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術中に右気胸を発症した中年男性の症例を報告している。患者には術前評価(ASA 1)時…
コメント:0

続きを読むread more

緊急開腹術後の合併症率および死亡率と術前貧血の関連

・術前貧血は待機的手術後の転帰不良と関連しているが、緊急手術後の転帰との関係は不明である。 ・2013 年 12 月 1 日から 2017 年 11 月 30 日までの全国緊急開腹監査データを分析した。貧血は、「軽度:129-110 g/L」、「中程度: 109-80 g/L」、「重度:≦?79 g/L」に分類された。 主要評価…
コメント:0

続きを読むread more

子宮左方転移をした場合としない場合の循環動態プロファイル:帝王切開分娩に際しくも膜下ブロックを受ける満期妊婦の無作…

・本研究の目的は、帝王切開分娩(CD)に際してのクモ膜下ブロック(SAB)後の母体の循環動態測定値に及ぼす子宮左方転移(LUD)の影響を評価することであった。主要評価項目は、LUD と非 LUD 群の分娩前の心拍出量(CO)の差であった。 ・産科手術室での前向き無作為化対照研究で、SAB による待機的 CD を受けた 60 人の健…
コメント:0

続きを読むread more

術前に肝トランスアミナーゼ値が上昇した患者における全静脈内麻酔と吸入麻酔間の術後肝機能の比較:後ろ向きコホート研究

・肝臓の酵素値が上昇している患者では、麻酔と手術により肝機能が低下する可能性がある。そこで、これらの患者では、肝毒性の少ない麻酔薬を選択することが重要である。 ・この後ろ向き的研究では、術前に肝酵素値が上昇している患者(アスパラギン酸トランスアミナーゼ[AST]またはアラニントランスアミナーゼ[ALT]>40 U/L の患者で、全…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/04/23

【問題1】(薬物代謝) 肝臓の薬物代謝について誤っているのはどれか。 ア:坐薬は肝臓でのfirst pass effect を受けない。 イ:肝小胞体のP-450は酸素添加酵素である。 ウ:酵素誘導は吸入麻酔薬の中間代謝産物を増加させる。 エ:薬物は肝臓で酸化・還元・水解されると、極性が低下する。 オ:抱合体となり胆汁…
コメント:0

続きを読むread more

非待機的帝王切開の全身麻酔導入時の母体低酸素血症の発生率と危険因子:前向き多施設研究

・妊娠中の女性は全身麻酔中に低酸素血症のリスクが高くなる。著者らの目的は、この状況で低酸素血症の発生率と寄与する危険因子を調査することであった。 ・全身麻酔下で非待機的帝王切開を受けた年齢 18 歳以上の全女性は、この多施設観察研究に参加する資格があった。主要評価項目は、SpO2≦95% と定義された低酸素血症の発生率であった。副…
コメント:0

続きを読むread more

外傷患者の周術期心停止と死亡:観察研究の系統的レビュー

・外傷患者における周術期心停止(CA)の発生とその転帰に影響を与える要因はよく知られていない。著者らの研究の新奇さは、外傷患者で、周術期 CA の発生および/または死亡率について世界中で実施された系統的レビューの実施にある。 ・系統的レビューを実施して、外傷患者において術後 24 時間まで、外傷による CA および/または死亡の発…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/04/21

【問題1】(心肺蘇生) エピネフリンについて正しいのはどれか。 ア:エピネフリンは重炭酸ナトリウムと同じ静脈路から投与しても差し支えない。 イ:エピネフリンの血管外漏出は局所の虚血性潰瘍の原因となる。 ウ:エピネフリンを気管内に投与する場合は、静脈内投与量の2〜2.5倍量を投与する。 エ:エピネフリンは低濃度ではα作用が…
コメント:0

続きを読むread more

大腸癌手術患者における静脈血栓塞栓症の発生率に及ぼす血栓予防効果:メタ分析

・本研究では、結腸直腸癌(CRC)手術患者の静脈血栓塞栓症(VTE)発生率における血栓予防の役割を評価する。 ・電子データベースで文献検索を行い、あらゆる種類の開腹手術または腹腔鏡手術を受けた CRC 患者で VTE の発生率を報告している研究(無作為化比較試験、または前向き/後ろ向きコホート)を選択した。ランダム効果メタ分析を実…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の股関節骨折患者に静脈内アセトアミノフェンでせん妄が減少

・術後せん妄は高齢者のオピオイド使用に関連しており、高齢者の股関節骨折のよく見られる合併症であり、発生率が 16%〜70% と報告されている。静脈内(IV)アセトアミノフェンは、高齢患者における安全で効果的な薬剤であり、股関節骨折後のオピオイドの使用を減らすことが示されている。当院では、高齢者の股関節部骨折患者の集学的疼痛管理レジメンの…
コメント:0

続きを読むread more

小児患者における橈骨動脈カテーテル留置に際しての皮下ニトログリセリン:無作為化比較試験

● このトピックについてすでに知っていること:乳児の橈骨動脈カニューレ挿入は技術的に困難である可能性がある。成人患者では、ニトログリセリンが橈骨動脈カニューレ挿入を促すことがわかっている ● この記事が伝えている新しいこと:生食0.5 ml 中にニトログリセリン 5 μg/kg を加えた溶液を橈骨動脈周囲に浸潤すると、動脈カニューレ挿…
コメント:1

続きを読むread more

片肺換気中の呼気終末陽圧と肺加圧操作:系統的レビューとメタ分析

・呼気終末陽圧(PEEP)と肺加圧操作が片肺換気(OLV)中に患者にどのように影響するかは不明である。OLV 中の換気と酸素化に及ぼす肺加圧操作と PEEP の効果について系統的レビューとメタ分析を実施した。 ・系統的レビューと変量効果メタ分析を行った。標準偏差付きの平均差を計算した。含まれている研究は、コクランバイアスリスクツー…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/04/17

【問題1】(産科麻酔) 産科麻酔について正しいのはどれか? ア:イオン化の程度が高い物質は胎児移行率が高い。 イ:妊娠時のPaO2は非妊娠時に比べて低下する。 ウ:妊婦では胃内容物の逆流が起りやすい。 エ:妊娠子宮は胃内圧を上昇させる。 オ:妊婦では胃の蠕動運動が低下する。     ▼     ▼ …
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中の女性の覚醒リスクに対するプロポフォール導入麻酔とチオペンタール導入麻酔の脳波の比較

・帝王切開の全身麻酔導入時の脳波(EEG)スペクトル特性を使用した比較研究はほとんどない。この後ろ向き研究は、プロポフォールによる麻酔とチオペンタールによる麻酔中の脳波分析を通じて麻酔深度の差を調査した。 ・著者らは、チオペンタール(5 mg/kg)またはプロポフォール(2 mg/kg)のいずれかを投与された帝王切開を受けた 42…
コメント:0

続きを読むread more

小児の年齢層における輸血と肺手術:単施設の後ろ向き研究

・輸血には害がないわけではなく、最近の研究は、輸血と重症患者の転帰不良との関連を示唆している。輸血は酸素運搬能を向上させるという確固たる信念に基づいて多くの理由で処方されているが、それは顕著な有害な危険をもたらしうる。重要なことに、肺手術は中程度から高リスクの手術として数えられ、出血の重大なリスクを負いうる。本研究は、小児胸部手術後の、…
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管麻酔は、脆弱性に応じて関節全置換術後の生存率の改善に関連している:コホート研究

・脆弱性は、関節全置換術(TJA)後の合併症のリスクを高める。この関連性が投与された麻酔薬の影響を受けるかどうかは不明である。著者らは、脊柱管(脊髄または硬膜外)麻酔の使用は全身麻酔と比較してより良い転帰に関連し、転帰に及ぼす麻酔法の影響は虚弱状態によって異なると仮定した。 ・この単施設のコホート研究には、2005 年 1 月から…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/04/14

【問題1】(硬膜外麻酔) 次のうち誤っているのはどれか。 ア:硬膜外麻酔の片側性を左右するのは、体位や重力ではなく、むしろ穿刺部位やカテーテル先端の位置や走行である。 イ:局所麻酔薬の作用に重要なのは、イオン化型の量である。 ウ:ほとんどの局所麻酔薬には血管拡張作用がある。 エ:硬膜外に同量の局麻薬を投与した時、筋弛緩の…
コメント:0

続きを読むread more

小児外科患者における術前貧血と術後合併症率の関連:前向き観察コホート研究の二次分析

・南アフリカの小児外科集団における貧血の有病率は不明である。貧血は術後合併症の増加と関連している可能性がある。低中所得国(LMIC)の患者でこれらの知見を記録した研究は知られていない。この研究の主な目的は、小児非心臓外科患者における術前貧血と 26 種類の定義された術後合併症との関連を解明することであった。副次目的には、貧血の有病率と術…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩を繰り返すと、初回帝王切開分娩よりも不十分な鎮痛のリスクが高いと予測された:傾向スコアの一致分析による…

・本研究は、初回と反復帝王切開の鎮痛効果を比較することを目的とした。 ・2018 年 1 月から 2019 年 3 月まで中国の教育病院の診療記録に基づいて後ろ向き的分析を行った。人口統計学的特性、周術期合併症、麻酔、帝王切開分娩患者の外科的要因に関するデータを収集した。また、術後鎮痛戦略、手術後 48 時間の疼痛強度(数値評価尺…
コメント:1

続きを読むread more

術後の認知機能と炎症に及ぼす麻酔深度の影響:系統的レビューとメタ分析

・術後認知機能障害(POCD)と術後せん妄(POD)は、高齢患者でよく見られる術後合併症である。認知機能に及ぼす麻酔深度の影響は依然として不明である。麻酔深度、認知機能、炎症の間の相関を評価することを目的とした。 ・文献検索は、2019 年 8 月まで Web of Science、PubMed、EMBASE、コクラン・ライブラリ…
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術におけるレミフェンタニルと周術期血糖反応:非盲式無作為化試験

・本研究は、待機的心臓手術を受ける患者で、レミフェンタニル注入が術中高血糖とインスリン抵抗性を、間欠的フェンタニル投与と比較して減少させるかどうかを調査した。 ・これは、無作為化前向きな非盲式試験であった。待機的心臓手術を受けた患者(n=116)は無作為化され、レミフェンタニルの持続注入か、または間欠的フェンタニルのボーラス投与の…
コメント:0

続きを読むread more

単コンパートメント人工膝関節置換術を受ける患者で、全身麻酔は脊椎麻酔と比較して有害事象の増加をきたす

・単コパートメント膝関節形成術(UKA)の施行数は、近年、劇的に増加しており、長期的な転帰が良好と報告されている。UKA は、全身麻酔または脊柱管麻酔(すなわち、脊椎)麻酔下で行える。ただし、麻酔の種類に基づいて転帰に差があるかどうかについてはほとんどわかっていない。本研究の目的は、初回待機的 UKA を受けた患者の麻酔法の間で周術期転…
コメント:0

続きを読むread more

膝関節または股関節形成術を受ける患者の周術期出血に対するトラネキサム酸投与の効果:単施設後ろ向き研究

・トラネキサム酸(TXA)は、その抗線維素溶解効果のため、さまざまな手術での周術期の出血を減らすために使用されている。最近、著者らの施設で整形外科手術を受ける患者は、手術前に TXA の負荷量(1000 mg)を投与され、その後、手術が終了するまで 100 mg/時の投与を受けた。本研究の目的は、膝関節形成術または股関節形成術を受ける患…
コメント:2

続きを読むread more

直腸異物-系統的レビューとメタ分析

・直腸への自己挿入異物はまれにしか発生しないが、物体の多様性と摘出が困難であるため、外科医には重症のジレンマが生じる。本研究の目的は、疫学、診断ツール、直腸異物挿入の治療アプローチに関する文献の包括的なレビューを提供することである。 ・2018 年 1 月 14 日に、Pubmed/Medline と Google で「異物」に関…
コメント:0

続きを読むread more

大腿骨頸部骨折に対する半関節形成術と人工股関節全置換術:2010~2017 年の合併症率の傾向

・大腿骨頸部骨折(FNF)の最適な治療には依然として議論がある。最近のデータでは、活動的な患者では、人工股関節全置換術(THA)の方が、半関節形成術(HA)と比較して機能的転帰の改善をもたらすことが示唆されている。ただし、これらの治療間の合併症率の経時的傾向は研究されていない。 ・米国外科学会手術の質改善プログラムデータベースを後…
コメント:0

続きを読むread more

術中人工呼吸の換気頻度と術後肺合併症:病院の登録簿調査

・高頻度換気は、呼気時間を短縮し、胸腔内圧を増加させ、動的過膨張を引き起こすことにより、静的肺緊張とおそらく肺のストレスを増加させる。高い術中換気頻度が術後呼吸器合併症と関連していると著者らは仮定した。 ・この後ろ向き病院登録簿研究では、2005 年から 2017 年までに単施設で人工呼吸器を使用して全身麻酔下で行われた成人の非心…
コメント:0

続きを読むread more

この患者は挿管が困難であるか?:合理的な臨床検査の系統的レビュー

・気管挿管が困難である可能性が高い患者を認識することは、医師に気道トレーニングと高度な気道管理機器を備えた医師の支援の必要性を警告するのに役立つ。本研究の目的は、挿管困難を予測する危険因子と身体所見を特定することである。 ・MEDLINE と EMBASE データベースは、それぞれ 1946 年から 2018 年 6 月と 194…
コメント:0

続きを読むread more

肝移植を受ける患者におけるロクロニウム持続注入後のスガマデクス vs ネオスチグミン

・術後の残存筋弛緩を回避するために、大きな腹部手術の終了時に筋弛緩を急速に拮抗させることが推奨される。これまでのところ、肝移植を受ける患者にロクロニウムを投与した後のスガマデクスの性能を評価した研究はない。これは、同所移植片肝移植を受ける患者のロクロニウム誘発筋弛緩後に、スガマデクス vs ネオスチグミンで得られた神経筋伝達回復時間を評…
コメント:0

続きを読むread more

フェイスマスク換気失敗の予測:困難気道のための新しいスコアリングシステム

・著者らは、以前にフェイスマスク換気の失敗、声門上気道を介した換気の失敗、気管挿管困難との間に強い相関があることを示した。本研究の主な目的は、声門上気道を介した換気困難を予測する確立された方法が、フェイスマスク換気の失敗を予測するのにも役立つかどうかを評価することであった。 ・これは単施設での後ろ向き観察研究であった。2011 年…
コメント:0

続きを読むread more

尿管結石の内視鏡的外科治療に使用される全身、脊椎、硬膜外麻酔法の安全性と効率の比較:尿管結石にアクセスして石に到達…

・本研究の目的は、脊髄、硬膜外、全身麻酔の手術転帰と、尿道アクセスの成功と結石アクセス達成に及ぼす麻酔法の影響を評価することである。 ・本前向き無作為化試験では、尿管結石に対して初回の URS 手術を受けた 105 人の患者が評価された。患者は、適用された麻酔法に従って順列ブロック無作為化によって 3 群に無作為化した:全身麻酔(…
コメント:0

続きを読むread more

老化、肥満、脂質異常症、病院高血圧は、麻酔前高血圧に関連する臨床的危険因子である

・麻酔前高血圧(PAH)は、手術前、手術室、麻酔導入前の患者の血圧(BP)が、正常な歩行記録 BP または自宅での自己測定血圧に関係なく一時的に上昇する場合に発生する。PAH は、麻酔と手術についての不安と精神的ストレスによって引き起こされる可能性がある。持続性高血圧症(SH)の患者のほとんどは、高齢者、男性、肥満患者、脂質異常症の患者…
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術後の即時術後鎮痛に対するブプレノルフィン経皮パッチの有効性と安全性

・人工膝関節置換術(TKA)は中等度から重度の術後疼痛に関連している。良好な周術期鎮痛は、良好で予測可能な手術転帰にとって不可欠である。効果的な術後疼痛管理は、治療する外科医と彼のチームにとって大きな課題である。高齢と複数の併存症により、提供できる鎮痛剤の選択が制限される。慢性疼痛管理で広く使用されている経皮ブプレノルフィン(TDB)は…
コメント:0

続きを読むread more