老化、肥満、脂質異常症、病院高血圧は、麻酔前高血圧に関連する臨床的危険因子である

・麻酔前高血圧(PAH)は、手術前、手術室、麻酔導入前の患者の血圧(BP)が、正常な歩行記録 BP または自宅での自己測定血圧に関係なく一時的に上昇する場合に発生する。PAH は、麻酔と手術についての不安と精神的ストレスによって引き起こされる可能性がある。持続性高血圧症(SH)の患者のほとんどは、高齢者、男性、肥満患者、脂質異常症の患者…
コメント:0

続きを読むread more