心臓手術におけるレミフェンタニルと周術期血糖反応:非盲式無作為化試験

・本研究は、待機的心臓手術を受ける患者で、レミフェンタニル注入が術中高血糖とインスリン抵抗性を、間欠的フェンタニル投与と比較して減少させるかどうかを調査した。 ・これは、無作為化前向きな非盲式試験であった。待機的心臓手術を受けた患者(n=116)は無作為化され、レミフェンタニルの持続注入か、または間欠的フェンタニルのボーラス投与の…
コメント:0

続きを読むread more

単コンパートメント人工膝関節置換術を受ける患者で、全身麻酔は脊椎麻酔と比較して有害事象の増加をきたす

・単コパートメント膝関節形成術(UKA)の施行数は、近年、劇的に増加しており、長期的な転帰が良好と報告されている。UKA は、全身麻酔または脊柱管麻酔(すなわち、脊椎)麻酔下で行える。ただし、麻酔の種類に基づいて転帰に差があるかどうかについてはほとんどわかっていない。本研究の目的は、初回待機的 UKA を受けた患者の麻酔法の間で周術期転…
コメント:0

続きを読むread more

膝関節または股関節形成術を受ける患者の周術期出血に対するトラネキサム酸投与の効果:単施設後ろ向き研究

・トラネキサム酸(TXA)は、その抗線維素溶解効果のため、さまざまな手術での周術期の出血を減らすために使用されている。最近、著者らの施設で整形外科手術を受ける患者は、手術前に TXA の負荷量(1000 mg)を投与され、その後、手術が終了するまで 100 mg/時の投与を受けた。本研究の目的は、膝関節形成術または股関節形成術を受ける患…
コメント:2

続きを読むread more