脊柱管麻酔は、脆弱性に応じて関節全置換術後の生存率の改善に関連している:コホート研究

・脆弱性は、関節全置換術(TJA)後の合併症のリスクを高める。この関連性が投与された麻酔薬の影響を受けるかどうかは不明である。著者らは、脊柱管(脊髄または硬膜外)麻酔の使用は全身麻酔と比較してより良い転帰に関連し、転帰に及ぼす麻酔法の影響は虚弱状態によって異なると仮定した。 ・この単施設のコホート研究には、2005 年 1 月から…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/04/14

【問題1】(硬膜外麻酔) 次のうち誤っているのはどれか。 ア:硬膜外麻酔の片側性を左右するのは、体位や重力ではなく、むしろ穿刺部位やカテーテル先端の位置や走行である。 イ:局所麻酔薬の作用に重要なのは、イオン化型の量である。 ウ:ほとんどの局所麻酔薬には血管拡張作用がある。 エ:硬膜外に同量の局麻薬を投与した時、筋弛緩の…
コメント:0

続きを読むread more