高齢者の股関節骨折患者に静脈内アセトアミノフェンでせん妄が減少

・術後せん妄は高齢者のオピオイド使用に関連しており、高齢者の股関節骨折のよく見られる合併症であり、発生率が 16%〜70% と報告されている。静脈内(IV)アセトアミノフェンは、高齢患者における安全で効果的な薬剤であり、股関節骨折後のオピオイドの使用を減らすことが示されている。当院では、高齢者の股関節部骨折患者の集学的疼痛管理レジメンの…
コメント:0

続きを読むread more