腹腔鏡下胆嚢摘出術中の術中気胸の検出と管理

・全身麻酔中の術中気胸はまれであるが、致命的となる可能性のある合併症である。肺疾患の既往、圧外傷、腹腔鏡手術は、術中気胸を発症するリスクが高まる。徴候はしばしば非特異的であるため、手術中の診断は困難な場合がある。 ・著者らは、待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術中に右気胸を発症した中年男性の症例を報告している。患者には術前評価(ASA 1)時…
コメント:0

続きを読むread more