全身麻酔下の手術と認知症の発症との関係:系統的レビューとメタ分析

・研究の目的は、これまでに発表された疫学研究からのエビデンスを確認および統合することにより、全身麻酔への曝露とアルツハイマー病(AD)および認知症の発症との関連を調査することである。 ・MEDLINE、EMBASE、Google Scholar を検索して、2018 年 4 月までに全身麻酔への暴露後に AD/認知症のリスクを報告…
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中の非産科手術および麻酔の母体と胎児の転帰に影響を与える要因:三次大学病院単施設データの後ろ向きレビュー

・妊娠中の産科以外の手術に際しての麻酔は、一般に母体と胎児の転帰に悪影響を及ぼすことが知られている。非産科手術に関連する胎児と母体の有害転帰のリスクを評価した。 ・この後ろ向き研究は、三次大学病院で非産科手術を受けた妊婦の臨床データを分析した。過去 16 年間の病院の行政データを使用して出産の入院をレビューした。結果の評価には、早…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/04/30

【問題1】(麻酔薬) 局所麻酔薬について正しいのはどれか? ア:ロピバカインの機能と構造はメピバカインに類似している。 イ:局所麻酔薬のpKaが組織pHに近いほど、作用発現が遅くなる。 ウ:クロロプロカインはアミド型局所麻酔薬である。 エ:ブピバカインの心毒性のリスクは妊娠で高くなる。 オ:神経細胞の脱分極はK+イオン…
コメント:0

続きを読むread more