■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/05/01

MCQ59.png



【問題1】(ペイン) 次のうち正しいのはどれか。

ア:延髄の rostro ventral medulla (RVM)には、セロトニン含有細胞が存在する。

イ:中脳中心灰白質(periaqueductal gray matter:PAG)に電気刺激を与えると鎮痛が得られる。

ウ:PAGの神経細胞は内因性オピオイドを含有している。

エ:橋の外側および背側被蓋には、ノルアドレナリン含有細胞が存在する。

オ:橋の外側および背側被蓋からは、脊髄後角に向かって大きな投射がある。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 中脳中心灰白質(periaqueductal gray matter:PAG)に電気刺激を与えると鎮痛が得られる。この部位の神経細胞は内因性オピオイドを含有している。延髄の rostro ventral medulla (RVM)には、セロトニン含有細胞が存在し、この部位を遮断すると、PAGからの刺激は脊髄後角に伝達されない。橋の外側および背側被蓋(lateral and dorsal pontine tegmentum)には、ノルアドレナリン含有細胞が存在し、そのニューロンによって脊髄後角に向かって大きな投射がある。PAGやRVMを刺激すると、脊髄後角の I ・ II ・ V 層の侵害受容ニューロンの抑制が起こって鎮痛が起こる。


[正解] 全て [出典] 図説最新麻酔科学シリーズ4:痛みの臨床p10



【問題2】(外傷・出血・感染) 日本人の血液型で2番目に多い型は何か?
1) A型 2) O型 3) B型 4) AB型 5) C型

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ABO式血液型による頻度は人種により異なり、日本人における頻度はおよそA:O:B:AB=4:3:2:1である。ちなみにアメリカ人では白人、黒人を合せて、O型が44%ともっとも多く、A型はそれに次いで41%である。日本人のRh陰性の頻度は0.5%であるが、アメリカの白人、黒人を合せたRh陰性の頻度は15%である。


[正解] 2 [出典] Lisa.Vol4-No3-p218




【問題3】(呼吸) コンビチューブの咽頭カフ(青)には( )ml、先端カフ(白)には( )mlの空気を注入する。
1) 100、15
3) 30、5
5) 140、20
2) 15、100
4) 5、30


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] コンビチューブ盲目的挿入手順:(1)口腔内吸引、吐物・異物のないことを確認 (2)仰臥位、頭部は正中位で前屈・後屈の必要なし (3)片方の拇指を患者口腔内に入れ、舌と下顎を挙上。 (4)反対側の手にコンビを持ち、患者門歯がチューブの2本の黒いリングマークの間になるよう挿入。 (5)最初に咽頭カフを100ml、続いて食道カフを15mlの空気で脹らます。 (6)No1コネクタ(長い青)から空気を吹込む。 (7)呼吸音が聴こえ、腹部膨満なければこのまま換気。No2チューブは胃内の吸引に使用。


[正解] 1 [出典] 救急処置基本手技アトラスP1169




【問題4】(外傷・出血・感染) 市中感染の場合、感染臓器と抗生物質の組合わせで不適当なのはどれか?
1) 膀胱炎;ニューキノロン
3) 高齢者肺炎;ペニシリンG
5) 皮膚感染;第1世代セフェム
2) 髄膜炎;セフォキシチン
4) 若年者肺炎;マクロライド


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 市中感染の場合の感染臓器と抗生物質の組合わせ:膀胱炎→ニューキノロン、皮膚感染→第1世代セフェム or アンピシリン、若年者肺炎→マクロライド、高齢者肺炎→ペニシリンG、腹膜炎→セフォキシチン、髄膜炎→アンピシリン+セフォタキシム


[正解] 2 [出典] 研修医ノートP612

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント