小児麻酔における静脈内導入と吸入導入における呼吸器および循環動態周術期有害事象:系統的レビューとメタ分析

小児の気管.png・周術期の呼吸および血行動態の有害事象は、依然として小児麻酔における合併症と死亡の原因である。揮発性麻酔薬は、静脈麻酔薬(例えば、プロポフォール)より呼吸器有害事象が多い可能性があることが示唆されている一方、静脈麻酔薬は揮発性麻酔薬と比較して徐脈のリスクが高いと関連づけられている。著者らは、小児麻酔において、周術期の血行動態および呼吸器系の有害事象のリスクを評価するために系統的レビューとメタ分析を行い、静脈内導入と吸入導入を比較した。

・2020 年 2 月 12 日まで、PubMed、Embase、Medline を検索した。無作為化比較試験が含まれた。質の評価は、「無作為化比較試験のためのコクランリスクバイアスツール」の修正版を使用して実施された。

・1,602 件の該当出版物のうち、4 件が最終レビューに含まれた。2 件の研究では、周術期の呼吸器または血行動態の有害事象に有意差は見られなかった。2 件の研究では、相対リスクが 1.64〜3.83 の範囲で変化し、吸入では静脈内導入に比べて周術期の呼吸器系有害事象のリスクが高いことが分かった。データは不均一であり、プールされた推定値は信頼できない可能性がある。今回の系統的レビューとメタ分析は、吸入と静脈麻酔導入時の周術期呼吸器有害事象の発生に有意差がないことを明らかにした。特に呼吸器系有害事象の複数の危険因子をもつ小児では、吸入導入中および後にさらに多くの呼吸器系有害事象が見られた。これは有意性に達しなかった。

今後の研究では、吸入麻酔と静脈麻酔による導入を、呼吸器系および血行動態の有害事象を主要評価項目として比較し、評価項目に対して適切に盲式化された評価者を伴う大規模な無作為化比較試験が含まれるべきである。

静脈麻酔薬が血管痛があるのと同様に、やはり、吸入麻酔薬は、呼吸器系に対して少なからず刺激性があるため、呼吸器系合併症は多くなる可能性があるのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント