肺切除手術後の死亡マーカーとしてのトロポニン I-前向きコホート研究

・胸部手術に伴う心血管合併症は、罹患率、死亡率、治療費を増加させる。心臓トロポニン値の上昇は、非心臓手術後合併症の予測因子となるが、胸部手術後のその役割は未確定のままである。本研究の目的は、肺切除手術を受けた患者で、トロポニン I の上昇と 1年後の罹患率および死亡率の関係を分析することであった。 ・本前向きコホート研究では、2…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔下小児の気管挿管チューブの深さに対する頭頸部手術の術中頭位変化の影響

・何十年もの間、小児の気管挿管チューブの深さを推定するために古典的な公式が使用されてきた。ただし、術中に頭頚部の体位が変化したときにこの式が適用できるかどうかは不明である。 ・全身麻酔下で頭頸部手術を受けた年齢 2 歳から 12 歳の十分に成長した小児(64.0% が男児)の 172 人のデータを前向きにレビューした。気管分岐部か…
コメント:0

続きを読むread more

術中の硫酸マグネシウムは術後認知機能障害を回避できるのか?

・術後認知機能障害(POCD)の病因について多くの懸念がある。現在、効果的な予防戦略は明らかにされていない。本研究の目的は、術中の硫酸マグネシウムが POCD の発症を予防する効果があるかどうかを調査し、神経変性のマーカーである S100B の血清値に及ぼす影響を調査することであった。 ・これは、待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた …
コメント:0

続きを読むread more

喫煙と手術出血のリスク:5,452,411 件の手術症例の全国的分析

・喫煙はいくつかの術後合併症に関連付けられているが、手術出血との関連付けの可能性は不明である。著者らは、喫煙は手術出血のリスクが高いかどうかを調べた。 ・米国の病院 680 施設から、米国外科学会手術の質改善プログラムの 2007-2016 年の患者を含めた。年齢、性別、専門外科、喫煙状況に関する情報のある患者が含まれた。手術出血…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/05/28

【問題1】(心臓・血管) 超音波診断装置について正しいのはどれか。 ア:レンズ効果は、超音波ビームの屈折により、実際の位置と異なったり、あるいは二重に見える現象である。 イ:電子セクタ走査方式は、接触面が小さいため検索性が高く、浅部の視野は狭いが深部での視野が広く得られる。 ウ:縦波は生体軟部組織中はほとんど伝搬しない。 …
コメント:0

続きを読むread more

気管内カフの膨張圧の改善:軍事医療センターにおけるエビデンスに基づくプロジェクト

・気管チューブカフ圧の管理不良は、全全身麻酔薬の 50% 以上で発生し、気管虚血、気管破裂、喉頭痛、反回神経麻痺、気管狭窄、微小誤嚥、および/または不十分な換気につながる。気管内麻酔による全身麻酔は、世界中でよく見られる方法である。 ・気管チューブのカフには、20〜30 cm H2O の安全で適切な圧まで流体(気体または液体)が充…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/05/27

【問題1】(心臓・血管) 人工心肺について正しいのはどれか? ア:血液成分の損傷を少なくするためには気泡型人工肺が望ましい。 イ:人工心肺前には最低ヘパリンを3mg/kg投与する。 ウ:中等度低体温とは、26〜31度である。 エ:人工心肺回路の充填には通常1.5-2.5Lの晶質液や晶質-膠質液が使用される。 オ:プロタ…
コメント:0

続きを読むread more

女性の鎮静に際してのプロポフォール必要量に及ぼす不安または抑うつ症状の影響:前向きコホート研究

・精神障害は、周術期のさまざまな臨床転帰に影響を与えると考えられている。その中で、不安とうつ病は最もよく見られるタイプの 2 つである。ただし、不安やうつ病のプロポフォール必要量への影響は不明なままである。本研究は、女性の鎮静に際してのプロポフォール必要量に及ぼす不安または抑うつ症状の影響を調査することを目的とした。 ・本研究は、…
コメント:0

続きを読むread more

小児における術前絶食時間と導入後低血圧:後ろ向き分析

●このトピックについてすでに知っていること:焦点を合わせた小児手術患者集団の小規模な研究は、術前の長時間の絶食が麻酔導入および手術準備中の低血圧と関連していることを実証している ●この記事が伝えている新しいこと:吸入麻酔導入による待機的手術を受ける 15,443 人の小児患者のうち、約 5% が麻酔導入中に、手術準備中に 7% が…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/05/25

【問題1】(薬理) セボフルランについて正しいのはどれか. ア:亜酸化窒素併用で MAC は低下しない. イ:フェンタニル併用で MAC は低下する. ウ:1 MAC で脈拍数に変化はない. エ:1 MAC で血圧は 30%低下する. オ:吸入開始 5 分後の終末呼気濃度(FA)と吸入気濃度(FI)の比 FA/FI は…
コメント:0

続きを読むread more

タニケット誘発性血管内皮損傷に及ぼすセボフルランとプロポフォールの効果:膝靭帯手術に際しての予備無作為化比較試験

・グリコカリックス層は、血管内皮の重要な構造である。整形外科手術中にはタニケットによって誘発性虚血期間があり、虚血再灌流後に生成された活性酸素種がグリコカリックスの脱落を仲介する可能性がある。ここでは、著者らは、膝靭帯手術において、タニケット誘発性虚血再灌流の効果について明らかにし、虚血再灌流後の内皮バイオマーカーの放出に及ぼすセボフル…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入に際しての静脈内プロポフォールと吸入セボフルランの循環動態安定性、患者の受容性、費用:前向き無作為化比較研究

・血行動態の安定性に対する麻酔薬の効果は、血行動態が低下している患者にとって最も重要である。セボフルランとプロポフォールの比較研究が報告されているが、これらのほとんどは維持と術後早期の回復を評価することを目的としている。これら 2 つの薬剤で発生する循環動態変化に関する研究はほとんどない。本研究では、麻酔導入に際しての循環動態安定性、患…
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォールまたはセボフルラン全身麻酔後の原発性乳癌手術後の生存率-後ろ向き、多施設、6,305人のスウェーデン…

・後ろ向き研究により、麻酔薬の選択が癌の長期生存に影響を与える可能性があることが示されている。プロポフォールはセボフルランよりも優れているようである。しかし、これは乳癌では疑問視されている。スウェーデンの病院 7 施設から乳癌手術患者の大規模コホートを集め、プロポフォールによる全身麻酔は、乳癌の長期生存に関してセボフルラン麻酔よりも優れ…
コメント:0

続きを読むread more

術後直後の肺機能低下は、残存筋弛緩に必ずしも関連しているわけではない:観察研究

・これまでの研究は、筋弛緩(NMB)剤の使用と術後肺合併症との関連を報告している。術後肺機能は術後肺合併症の重要な指標である。NMB の深度と回復を評価するために、いくつかの部位を使用できる。本研究の目的は、股関節または膝関節形成術を受ける整形手術患者で、拇指内転筋と皺眉筋における TOF 測定に関連した術後の肺機能の変化と、麻酔関連変…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/05/21

【問題1】(産科麻酔) 産科麻酔について正しいのはどれか? ア:妊娠中は、血漿アルブミン濃度は上昇する。 イ:妊娠中は胆汁が胆嚢に停滞する時間が長くなる。 ウ:分娩直後の心拍出量は非妊娠時と同程度に低下する。 エ:妊娠中は蛋白結合型の薬物が増加する。 オ:妊娠中の膠質浸透圧は約5mmHg低下する。     ▼…
コメント:0

続きを読むread more

深い筋弛緩により、未破裂脳動脈瘤の血管内コイリング中の血管造影画像の品質が向上する:無作為化臨床試験

・全身麻酔中に使用される筋弛緩(NMB)は、一過性の骨格筋麻痺を誘発するが、血管内コイル留置中の患者の体動は、依然としてある程度発生する。中程度の NMB と比較して、深い NMB は、未破裂脳動脈瘤の血管内コイル留置中の介入状態をさらに改善できる可能性がある。ただし、血管造影画像の質に焦点を当てた研究はほとんどない。 ・本前向き…
コメント:1

続きを読むread more

全身麻酔および手術後の合併症率に及ぼすアセチルコリンエステラーゼ阻害剤の影響

・非脱分極筋弛緩薬は、全身麻酔中に挿管を容易にし、手術条件を最適化するために使用される。患者が術後に手術室を出ると、術後の残存筋弛緩が頻繁に発生し、低酸素血症や予定外の術後人工呼吸などの呼吸器合併症に対する脆弱性が高まる。 ・神経筋伝達および骨格筋力を回復するために、麻酔科医は通常、末梢に作用するアセチルコリンエステラーゼ阻害剤、…
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩拮抗のためのスガマデクス vs ネオスチグミンと術後肺合併症:多施設対応コホート分析

・非心臓入院手術を受ける成人患者の 5% は、大きな肺合併症をきたしている。著者らは、筋弛緩の拮抗(ネオスチグミン vs スガマデクス)の選択は、大きな肺合併症の発生率の低下と関連している可能性があると仮定した。 ・2014 年 1 月から 2018 年 8 月まで、米国の多施設周術期転帰群の病院 12 施設は、外科症例の多施設観…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/05/18

【問題1】(輸血) 次のうち誤っているのはどれか。 ア:等容量血液希釈による自己血輸血を行う場合、最初に採血した血液を最初に戻す。 イ:採血血液は速やかに冷蔵保存する。 ウ:血液希釈により血液粘度が低下し、心拍出量は増大する。 エ:正常心機能の患者では、ヘマトクリット10〜15%までは耐えられる。 オ:ヘマトクリット1…
コメント:0

続きを読むread more

ゼラチンによる輸液療法は、腎機能に有害な影響を与える可能性がある:観察試験

・本研究の目的は、心臓手術を受ける患者で合成コロイドヒドロキシエチルデンプン(HES)とゼラチン(GEL)による輸液療法が急性腎障害(AKI)の発生率と腎代替療法(RRT)の必要性に及ぼす効果を調査することであった。 ・大学病院での、心臓手術患者における前向き観察研究の二次分析である。本研究には 584 人の待機的患者(術前透析患…
コメント:0

続きを読むread more

三次大学病院での手術当日の待機的手術キャンセル理由の評価

・予定された待機手術の予期せぬキャンセルは病院にとって世界的な問題であり、病院の医療資源と人材の浪費を引き起こし、病院の効率を低下させる。本研究では、待機手術のキャンセルの原因を特定し、原因間の関係を調査しようとした。 ・後ろ向き的で記述的な単施設研究で、2015 年 1 月から 2015 年 12 月までに予定された 9566 …
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスで回復した高度筋弛緩とネオスチグミンで回復した中程度筋弛緩を比較した無作為化比較試験

・高度筋弛緩は、腹腔内手術中の腹部内圧を下げて手術条件を改善することを目的としている。回復の質に意義のある改善が覚醒を超えて発生するのか、腹腔内圧の低下が達成されるのかについての研究は対立している。 ・この実用的な無作為化試験では、待機的腹腔鏡手術を受ける成人は、1:1 の割り付けで、ネオスチグミンで拮抗された中程度の筋弛緩か、ま…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/05/15

■ これって常識? ■重症な感染症ほど「殺菌性の」抗菌剤を「大量に」投与せよ! 重症感染症においては, ○1βラクタム剤は投与回数を多くする(4,6または8時間毎,半減期の長いセフトリアキソンは12または24時間毎).これは血中および組織中薬剤濃度がMIC以上である時間を長くするためである. ○2アミノグリコシドやニューキノロ…
コメント:0

続きを読むread more

術中麻酔の引き継ぎに関連する有害転帰:系統的レビューとメタ分析

・麻酔診療の術中引継ぎが手術を受けた患者の有害転帰のリスクを高めるかどうかは不明である。この系統的レビューは、術中麻酔の引き継ぎと患者ケアの提供および患者の転帰との関連に関するエビデンスを統合することを目的とした。 ・これは系統的なレビューとメタ分析である。術中の麻酔の引き継ぎと手術を受けた患者の有害転帰との関連を調査した適格な研…
コメント:0

続きを読むread more

術中の呼気終末陽圧最適化が呼吸力学と炎症反応に及ぼす影響:無作為化比較試験

・傷害のない肺の患者でさえ、全身麻酔中に肺保護人工呼吸(LPV)を適用することが勧められている。ただし、大きな腹部手術を受ける患者で、呼吸力学、酸素化、炎症反応と術後合併症との潜在的な相関に対する個々の PEEP 最適化の効果は評価されておらず、標準的 LPV と比較されていない。 ・開腹膀胱全摘術を受ける 39 人の患者が本研究…
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォール麻酔による眼圧上昇の軽減:メタ分析と試験逐次分析による系統的レビュー

・眼圧(IOP)亢進を抑制することは、術後の破滅的な術後視力喪失を回避するために重要である。IOP は、気腹による生理的変化や患者の体位、麻酔処方の差など、いくつかの要因の影響を受ける。本研究は、IOP に及ぼすプロポフォールベースの静脈内麻酔(TIVA)と揮発性麻酔の影響を調査することを目的とした。 ・2019 年 10 月以前…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/05/12

【トラブル・シューティング】〜麻酔緊急Vol.1p138 (硬膜外麻酔)『硬膜外麻酔時に誤って硬膜穿刺をした時の対策』 硬膜穿刺時の対処:(1)局麻薬を注入していない時:①脊麻に変更:高比重液局麻薬を通常より2割程度多めに注入、再び内筒針を刺して5分待ち、麻酔効果の出現を確認して硬膜外針を抜去する。②再試行:1〜2分節上下の…
コメント:0

続きを読むread more

声門上気道器具を使用した換気リークおよびシーリング圧に及ぼすロクロニウムの効果:無作為化臨床試験

・筋弛緩薬投与後の声門上気道器具の換気リークとシーリング圧の推移は不明である。ロクロニウムを 0.15 と 0.30 mg/kg 静脈内投与した後、シーリング圧の上昇により換気リークが減少すると仮定した。 ・40 人の患者を無作為に対照群またはロクロニウムの 2 群のいずれかに割り当てた。全身麻酔導入後、ロクロニウム投与前に i-…
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩薬の脊柱管誤投与:臨床的および人的要因の分析

・脊柱管麻酔または鎮痛中の薬物エラーはよく知られていない。本研究の目的は、脊髄または硬膜外麻酔中の筋弛緩薬(NMBD)の誤投与に関連する臨床転帰を検討し、そのような過誤の防止に役立つ人間の要因と戦略を調査することであった。 ・ヒトにおける NMBD の脊柱管投与の報告のレビューである。NMBD に関連する過誤の公開レポートについて…
コメント:0

続きを読むread more

脊髄損傷患者における下肢骨折の管理

・脊髄損傷(SCI)後の患者における下肢の低エネルギー骨折は、重要な管理課題を提示する。これは、三次紹介 SCI センターからの経験をレビューする最初のオーストラリアの研究であり、傾向を特定し、治療法の選択肢を提案することを目的としている。 ・下肢脆弱性骨折の治療を受けた SCI 患者の 5 年間にわたる後ろ向きレビューである。患…
コメント:0

続きを読むread more

困難気道管理に及ぼす呼吸保護具の影響:無作為化クロスオーバーシミュレーション研究

・現在の世界的な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の健康危機は、急性気道管理中の臨床スタッフのための適正かつ適切な個人用保護具の重要性を強調している。本研究では、困難気道のシミュレーションシナリオにおいて、標準的空気清浄マスクと電動式空気清浄マスクの影響を比較している。 ・25 人の麻酔科医が、保護具なし(対照)、標準的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/05/08

【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 (1) (t______) (d_) (p______) : 多型性心室性頻拍/トルサード型心室頻拍/トルサード・ド・ポアント (2) (h_________) : 片側[運動]失調 (3) (c______) (d_________) (…
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ補助胸腔鏡下肺葉切除術後の術後早期における胸部 X線異常に及ぼすスガマデクスの効果

・筋弛緩薬(NMB)の効果を拮抗するスガマデクスは、ピリドスチグミンなどの従来の拮抗剤よりも優れており、筋弛緩からの迅速かつ確実な回復を可能にする。本研究では、肺癌のビデオ補助胸腔鏡(VAT)肺葉切除術後にスガマデクス(S 群)とピリドスチグミン(P 群)との間で、術後早期胸部 X 線異常(CRA)の発生率を比較した。 ・大学医療…
コメント:0

続きを読むread more

小児麻酔における静脈内導入と吸入導入における呼吸器および循環動態周術期有害事象:系統的レビューとメタ分析

・周術期の呼吸および血行動態の有害事象は、依然として小児麻酔における合併症と死亡の原因である。揮発性麻酔薬は、静脈麻酔薬(例えば、プロポフォール)より呼吸器有害事象が多い可能性があることが示唆されている一方、静脈麻酔薬は揮発性麻酔薬と比較して徐脈のリスクが高いと関連づけられている。著者らは、小児麻酔において、周術期の血行動態および呼吸器…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折の外科的修復に際しての脊椎または全身麻酔、およびその後の死亡率と罹患率のリスク:傾向スコアマッチングを使…

・英国では、毎年約 76,000 人が、相当なの人的、社会的、経済的コストを要して股関節骨折を起こしている。長年の議論にもかかわらず、最適な麻酔の種類(全身または脊椎)は不明のままである。著者らの目的は、股関節骨折手術時に、全身麻酔と比較して脊椎麻酔を受けた患者の死亡率と罹患率に有意差があるかどうかを評価することであった。 ・二次…
コメント:0

続きを読むread more

待機的結腸癌手術を受けた患者における麻酔法、臨床病理学的特徴および術後全身性炎症反応の大きさとの関係

・術後の全身性炎症反応(SIR)の大きさは、現在、結腸癌手術を受ける患者の短期的および長期的転帰の両方に関連していると認識されている。そのような術中、他の要因とは無関係に、麻酔処方が術後 SIR の大きさに影響を与えるかどうかは不明である。本研究の目的は、待機的結腸癌手術を受ける患者で、麻酔剤、臨床病理学的特徴、および術後 SIR の大…
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術後の心筋梗塞で致死的となる危険因子:コホート研究

●このトピックについてすでに知っていること:周術期心筋梗塞をきたす患者は死亡リスクが高い どの患者が救命に失敗する(合併症後の死亡)リスクが最も高いか ●この記事が米国に伝えていること:中〜高リスクの非心臓術後に周術期心筋梗塞をきたした 8,923 人の多国籍コホートで、5 人に 1 人が 30 日以内に死亡した。年齢 85 歳…
コメント:0

続きを読むread more

初回膝関節全置換術後の臨床転帰に及ぼす肥満の影響:前向きコホート研究

・本研究の目的は、回復強化プログラムを用いて、患者の機能、疼痛、初回人工膝関節全置換術(TKA)後の合併症に及ぼす肥満の影響を評価することであった。 ・合計 157 人の患者が前向き研究に登録され、肥満指数(BMI)に基づいて 3 群のいずれかに割り当てられた:正常(BMI 18.0-24.9kg/m2)、過体重(BMI 25.0…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/05/01

【問題1】(ペイン) 次のうち正しいのはどれか。 ア:延髄の rostro ventral medulla (RVM)には、セロトニン含有細胞が存在する。 イ:中脳中心灰白質(periaqueductal gray matter:PAG)に電気刺激を与えると鎮痛が得られる。 ウ:PAGの神経細胞は内因性オピオイドを含有して…
コメント:0

続きを読むread more