初回膝関節全置換術後の臨床転帰に及ぼす肥満の影響:前向きコホート研究

・本研究の目的は、回復強化プログラムを用いて、患者の機能、疼痛、初回人工膝関節全置換術(TKA)後の合併症に及ぼす肥満の影響を評価することであった。 ・合計 157 人の患者が前向き研究に登録され、肥満指数(BMI)に基づいて 3 群のいずれかに割り当てられた:正常(BMI 18.0-24.9kg/m2)、過体重(BMI 25.0…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/05/01

【問題1】(ペイン) 次のうち正しいのはどれか。 ア:延髄の rostro ventral medulla (RVM)には、セロトニン含有細胞が存在する。 イ:中脳中心灰白質(periaqueductal gray matter:PAG)に電気刺激を与えると鎮痛が得られる。 ウ:PAGの神経細胞は内因性オピオイドを含有して…
コメント:0

続きを読むread more