待機的結腸癌手術を受けた患者における麻酔法、臨床病理学的特徴および術後全身性炎症反応の大きさとの関係

・術後の全身性炎症反応(SIR)の大きさは、現在、結腸癌手術を受ける患者の短期的および長期的転帰の両方に関連していると認識されている。そのような術中、他の要因とは無関係に、麻酔処方が術後 SIR の大きさに影響を与えるかどうかは不明である。本研究の目的は、待機的結腸癌手術を受ける患者で、麻酔剤、臨床病理学的特徴、および術後 SIR の大…
コメント:0

続きを読むread more