筋弛緩薬の脊柱管誤投与:臨床的および人的要因の分析

・脊柱管麻酔または鎮痛中の薬物エラーはよく知られていない。本研究の目的は、脊髄または硬膜外麻酔中の筋弛緩薬(NMBD)の誤投与に関連する臨床転帰を検討し、そのような過誤の防止に役立つ人間の要因と戦略を調査することであった。 ・ヒトにおける NMBD の脊柱管投与の報告のレビューである。NMBD に関連する過誤の公開レポートについて…
コメント:0

続きを読むread more