声門上気道器具を使用した換気リークおよびシーリング圧に及ぼすロクロニウムの効果:無作為化臨床試験

・筋弛緩薬投与後の声門上気道器具の換気リークとシーリング圧の推移は不明である。ロクロニウムを 0.15 と 0.30 mg/kg 静脈内投与した後、シーリング圧の上昇により換気リークが減少すると仮定した。 ・40 人の患者を無作為に対照群またはロクロニウムの 2 群のいずれかに割り当てた。全身麻酔導入後、ロクロニウム投与前に i-…
コメント:0

続きを読むread more