全身麻酔および手術後の合併症率に及ぼすアセチルコリンエステラーゼ阻害剤の影響

・非脱分極筋弛緩薬は、全身麻酔中に挿管を容易にし、手術条件を最適化するために使用される。患者が術後に手術室を出ると、術後の残存筋弛緩が頻繁に発生し、低酸素血症や予定外の術後人工呼吸などの呼吸器合併症に対する脆弱性が高まる。 ・神経筋伝達および骨格筋力を回復するために、麻酔科医は通常、末梢に作用するアセチルコリンエステラーゼ阻害剤、…
コメント:0

続きを読むread more