深い筋弛緩により、未破裂脳動脈瘤の血管内コイリング中の血管造影画像の品質が向上する:無作為化臨床試験

・全身麻酔中に使用される筋弛緩(NMB)は、一過性の骨格筋麻痺を誘発するが、血管内コイル留置中の患者の体動は、依然としてある程度発生する。中程度の NMB と比較して、深い NMB は、未破裂脳動脈瘤の血管内コイル留置中の介入状態をさらに改善できる可能性がある。ただし、血管造影画像の質に焦点を当てた研究はほとんどない。 ・本前向き…
コメント:1

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/05/20

【問題1】(産科麻酔) 産科麻酔について正しいのはどれか? ア:妊娠中は、血漿アルブミン濃度は上昇する。 イ:妊娠中は胆汁が胆嚢に停滞する時間が長くなる。 ウ:分娩直後の心拍出量は非妊娠時と同程度に低下する。 エ:妊娠中は蛋白結合型の薬物が増加する。 オ:妊娠中の膠質浸透圧は約5mmHg低下する。     ▼…
コメント:0

続きを読むread more