女性の鎮静に際してのプロポフォール必要量に及ぼす不安または抑うつ症状の影響:前向きコホート研究

・精神障害は、周術期のさまざまな臨床転帰に影響を与えると考えられている。その中で、不安とうつ病は最もよく見られるタイプの 2 つである。ただし、不安やうつ病のプロポフォール必要量への影響は不明なままである。本研究は、女性の鎮静に際してのプロポフォール必要量に及ぼす不安または抑うつ症状の影響を調査することを目的とした。 ・本研究は、…
コメント:0

続きを読むread more