気管内カフの膨張圧の改善:軍事医療センターにおけるエビデンスに基づくプロジェクト

・気管チューブカフ圧の管理不良は、全全身麻酔薬の 50% 以上で発生し、気管虚血、気管破裂、喉頭痛、反回神経麻痺、気管狭窄、微小誤嚥、および/または不十分な換気につながる。気管内麻酔による全身麻酔は、世界中でよく見られる方法である。 ・気管チューブのカフには、20〜30 cm H2O の安全で適切な圧まで流体(気体または液体)が充…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/05/27

【問題1】(心臓・血管) 人工心肺について正しいのはどれか? ア:血液成分の損傷を少なくするためには気泡型人工肺が望ましい。 イ:人工心肺前には最低ヘパリンを3mg/kg投与する。 ウ:中等度低体温とは、26〜31度である。 エ:人工心肺回路の充填には通常1.5-2.5Lの晶質液や晶質-膠質液が使用される。 オ:プロタ…
コメント:0

続きを読むread more