全身麻酔を受ける小児の誤嚥に及ぼす清澄水分絶飲の影響:ドイツの前向き多施設観察(NiKs)研究の結果

術前絶食.png・3324 人の小児を含む実空腹時間の予備的全国集計は、清澄水と軽食の絶飲食時間が現在のガイドラインで推奨されているよりも頻繁に短いことを示したが、サブ群分析には被験者数が小さすぎた。そこで、参加施設数が多く、被験者数が多いこの拡大研究の主要目的は、清澄水または軽食の絶飲賞時間の短縮が、小児の全身麻酔時の逆流や誤嚥の発生率に影響を与えるかどうかを判断することであった。副次目的は、年齢、緊急状態、ASA 分類、麻酔導入方法、気道管理、術式の影響を評価することであった。

・倫理委員会の承認後、少なくとも合計で 10000 人以上の小児がこの分析に登録されるよう予定された。患者の人口統計、実際の絶飲食時間、麻酔法と術式、逆流または誤嚥と定義された目的とする有害事象の発生は、標準化症例報告フォームを使用して記録された。

・2018 年 10 月から 2019 年 12 月までに、15 施設の小児センターで、手術や処置が予定された 12093 人の小児が 含まれた。通常食で 2.5%、軽食で 22.4%、粉ミルクで 5.3%、母乳で 10.9%、清澄水で 39.2% については、現行ガイドラインで推奨されているよりも絶飲食時間が短かった。逆流が 31 例(0.26%)、誤嚥の疑いが 10 例(0.08%)、確認された誤嚥が 4 例(0.03%)報告され、それらの全例が何ら後遺症なく迅速に回復した。清澄水の絶飲時間を 2 時間から 1 時間に短縮しても、有害事象の発生率に影響しなかった(上限 95%CI 0.08%)。6 時間未満の軽食の絶食時間を含むコホートの被検者数は、サブ群分析には小さすぎった。年齢 1〜3 歳(オッズ比2.7、95%CI 1.3〜5.8%、P<0.01)と緊急処置(オッズ比 2.8、95%CI 1.4〜5.7、P<0.01)により、有害事象の発生率が増加したが、ASA 分類、麻酔導入方法、術式は影響がなかった。清澄水絶飲時間は 6/4/1 と 6/4/2 の空腹時レジメンと比較して、6/4/0 で最も短く、すべて有害事象の発生率は 0.3% であった。

本研究は、清澄水絶飲時間を 2 時間から 1 時間に短縮しても、逆流や誤嚥の発生率に影響を与えないこと、年齢 1 歳から 3 歳までの小児、緊急状態が逆流または肺誤嚥の発生率を増加させるが、その誤嚥後に術後呼吸困難をきたすことはまれであり、通常はすぐに回復することを示している。

小児の術前清澄水絶飲時間は、現行ガイドラインの 2 時間から 1 時間に短縮しても、有害事象は増加しないようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント