■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/06/25

MCQ41.png




【問題1】(麻酔科学用語) 以下の略語のフルスペルと意味を答えよ。
(1) WHO (2) PAT (3) BMR (4) RNA (5) TLC

[解答]
(1)World Health Organization:世界保健機構
(2)paroxysmal atrial tachycardia:発作性心房性頻拍
(3)basal metabolic rate:基礎代謝率
(4)ribonucleic acid:リボ核酸
(5)total lung capacity:全肺気量



[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(産科麻酔) 産科麻酔について正しいのはどれか?

ア:妊婦の死腔は減少する。

イ:妊婦の肺コンプライアンスは低下する。

ウ:母体の低酸素症は子宮胎盤血流量の減少を招く。

エ:妊婦の全肺気量は5%低下する。

オ:妊娠後期には、聴診上 III 音が一般に聴取される。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ア:×:妊婦の死腔は変わらない。残気量(20%)や機能的残気量(15〜20%)が低下するのが特徴である。
イ:×:妊婦の肺コンプライアンスは変わらない。
ウ:○:母体の低酸素血症、高二酸化炭素血症、低二酸化炭素血症は子宮胎盤血流量の減少を招く。
エ:○:妊婦の全肺気量は5%低下する。肺活量や1秒量は変わらない。
オ:○:妊娠後期には、聴診上 III 音が一般に聴取される。また妊婦ではLevine I や II の収縮期雑音がしばしば聴取される。妊婦の16%には IV 音が聴取される。



[正解] 解説を参照 [出典] 麻酔科シークレット第2版 p412-419




【問題3】(心臓・血管) ヘパリンの拮抗には何を使用するか?
1) トラネキサム酸
3) 新鮮凍結血漿
5) ビタミンC
2) ビタミンK
4) プロタミン


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ヘパリンの拮抗にはプロタミンをほぼ等量使用する。ワーファリンの拮抗にはビタミンK(50〜100mg、K2なら20〜30mg、4〜8時間で回復)や新鮮凍結血漿を使用する。


[正解] 4 [出典] 内科レジデントマニュアルP153


■ これって常識? ■
狭心痛の部位は,前胸部とは限らない.上下は上腹部〜両側顎下,左右は左上肢〜右上肢と広範囲にわたる

1)狭心痛は通常,前胸部,とくに胸骨裏側に感じることが多い.疼痛は漠然とした内臓痛であり,手のひらで場所を示すことが多い.ピンポイントの胸痛や圧痛のある胸痛は,狭心症の可能性は少ない.
2)放散痛は,発作が強い場合によくみられる.多くは左肩から左上肢へ放散する.
3)胸痛発作は通常,数分以内に消失することが多い.30分以上胸痛発作が持続する場合には,急性心筋梗塞を疑う.


[出典] 知っているつもりの内科レジデントの常識非常識 第3章 378の常識 循環器編

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント