■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/06/26

MCQ4.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (_______a) : 知覚

(2) (d___) (v___) (t_________) : 深部静脈血栓

(3) (a_________) (r_____) : 麻酔記録

(4) (____________r) : 触覚計

(5) (t________) : 閾値/限界値


[解答]
(1)esthesia(2)deep vein thrombosis
(3)anesthesia record(4)esthesiometer
(5)threshold


[出典] 麻酔科学用語集 第3版





【問題2】(代謝・内分泌) プレドニゾロン(プレドニン)の生物学的半減期はどれくらいか?
1) 5時間
4) 40時間
2) 20時間
5) 60時間
3) 10時間


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] プレドニゾロンの血中半減期=200分、生物学的半減期=20時間、作用力価はハイドロコートンの5倍である。1錠(5mg)が成人1日のステロイド分泌量に相当する。


[正解] 2 [出典] クリティカル記憶術1P164


【トラブル・シューティング】〜麻酔緊急Vol.1p96

(循環器系)『冠攣縮』

予期せぬ血圧低下とST上昇を認めたら、冠攣縮を疑う。冠攣縮=主として心筋表面の太い冠動脈が強く収縮して生じた貫壁性心筋虚血。冠動脈硬化による内皮障害の存在が必要条件で、若い健康人には起こらず、高齢で冠危険因子(高血圧、糖尿病、喫煙、高脂血症、肥満)をもつ患者に起こりやすい。βブロッカー投与は禁忌。誘発因子=過換気、浅麻酔、昇圧薬投与、内臓牽引、硬膜外麻酔、副交感神経緊張、交感神経緊張など。対処=手術操作中止、過換気是正、硬膜外麻酔中止、揮発性麻酔薬は循環が許す限り高め維持、亜硝酸薬とCa拮抗薬、持続する低血圧にはノルアドを。







【問題3】(局所麻酔) 局所麻酔薬について正しいのはどれか。

ア:プリロカイン(シタネスト)の極量は900mgであるが、メトヘモグロビン形成の点からは600mg以下にとどめた方がよい。

イ:麻酔効果が強く、長時間作用性の局所麻酔薬はすべて脂溶性が高い。

ウ:脂溶性の高い局所麻酔薬は蛋白との結合性も高い。

エ:硬膜外麻酔に常用される局所麻酔薬のうちで、知覚麻痺と運動麻痺との間にもっとも大きな差があるのは、メピバカイン(カルボカイン)である。

オ:リドカイン(キシロカイン)は抗不整脈作用があるが、ブピバカイン(マーカイン)は不整脈誘発作用がある。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] プリロカイン(シタネスト)の極量は900mgであるが、メトヘモグロビン形成の点からは600mg以下にとどめた方がよい。麻酔効果が強く、長時間作用性の局所麻酔薬はすべて脂溶性が高い。脂溶性の高い局所麻酔薬は蛋白との結合性も高い(?)。硬膜外麻酔に常用される局所麻酔薬のうちで、知覚麻痺と運動麻痺との間にもっとも大きな差があるのは、ブピバカイン(マーカイン)である。リドカイン(キシロカイン)は抗不整脈作用があるが、ブピバカイン(マーカイン)は不整脈誘発作用がある。ブピバカインの急速静注で、各種動物において心室細動を含め、悪性心室性不整脈を起こす。


[正解] (ア)、(イ)、(オ) [出典] 第26回麻酔指導医認定筆記試験:A20

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント