高齢の股関節骨折患者における術後早期の主要な心臓イベントと院内死亡率の予測:心エコー検査報告書における術前のいろい…

・経胸壁心エコー検査(TTE)は、股関節骨折術前のよく行われる心臓スクリーニング検査である。ただし、全般的な TTE 検査では手術が遅れるため、心臓の異常を具体的に評価するだけで TTE を簡略化することができれば意味があるだろう。そこで、高齢股関節骨折患者で、術後心臓合併症における各主要心臓異常の予測値と死亡率を比較することにより、最…
コメント:0

続きを読むread more