神経集中治療におけるプロポフォールと比較したデクスメデトミジン[DEXPRONE]:臨床的有用性と安全性の多施設後…

<ハイライト> ・DEX と PRO は、NCC 患者の明確な適応症に使用される。 ・DEX または PRO のいずれかを投与されている患者の著者らのコホートでは、有害事象はほぼ同じままであった。 ・著者らのデータは、DEX vs PRO の使用が、人工呼吸器の持続時間の短縮や ICU LOS への影響に関連していないことを示唆し…
コメント:0

続きを読むread more

開腹腹部大動脈瘤修復術の施設的記憶の低下

・血管内大動脈瘤修復(EVAR)は導入以来、腹部大動脈瘤の治療の主力となっており、開腹動脈瘤修復術は衰退している。本研究の目的は、開腹動脈瘤修復術の頻度減少が周術期の効率の低下と術後合併症の増加につながったかどうかを調査することである。 ・後ろ向きコホート研究で、オタワ病院(TOH)で、2014-2017 年にに実施された連続 4…
コメント:0

続きを読むread more

良性適応症に対する子宮摘出術後の術後イレウスの発生率と危険因子

・腹部手術後の術後イレウス(POI)は、長期の入院と医療費の増加に関連している。本研究の目的は、良性適応症のために子宮摘出術を受ける患者の POI の発生率、危険因子、および関連する転帰を調査することである。 ・2012 年から 2017 年までの期間に 1 施設で良性子宮全摘術を受けた 1017 人の連続患者の後ろ向きレビューが…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/29

【問題1】(血液凝固) 血液凝固について正しいのはどれか。 ア:体外循環では、凝固因子の V 、 VIII およびフィブリノーゲンが欠乏しやすい。 イ:体外循環中、活性化凝固時間の短縮がアンチトロンビン III 減少によると考えられたときは、ヘパリンを増量する。 ウ:過量のプロタミンによる凝固時間の延長と、残存ヘパリンによ…
コメント:0

続きを読むread more

病的肥満患者における麻酔導入のための適切なプロポフォール用量

・研究の目的は、麻酔導入用量が除脂肪体重(LBW)に基づいて計算される場合、病的肥満患者のプロポフォールの最適用量を調査することである。 ・肥満指数(BMI)が 35kg/m2 以上の病的肥満患者 40 人を無作為に B 群と M 群の 2 群に分けた。B 群では、連続法(初期用量は 2.5 mg/kg に設定)を使用して、バイス…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/28

【問題1】(酸素運搬) ヘモグロビンの酸素解離曲線ついて正しいのはどれか。 ア:左方移動すると酸素供給効率は低下する。 イ:P50の正常値は成人では約37mmHgである。 ウ:P50は成人より新生児が高い。 エ:pHの低下でP50は低下する。 オ:赤血球中の2・3DPG増加でP50は上昇する。     ▼ …
コメント:0

続きを読むread more

ラリンジアルマスク挿入が眼圧反応に及ぼす影響:系統的レビューとメタ分析

・気管チューブの代替としてラリンジアルマスクを使用することは、眼圧の変化に関していくつかの研究者の注目を集めている。ただし、これまでの研究では、ラリンジアルマスクまたは気管チューブの挿入後の眼圧を比較しながら、異なる結果が報告されている。そこで、この系統的レビューとメタ分析は、気管チューブ挿管とラリンジアルマスク挿入に及ぼす眼圧反応に関…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔を受ける小児の誤嚥に対する清澄水絶飲の影響:ドイツの前向き多施設観察(NiKs)研究の結果

・3324 人の小児を含む実際の絶飲時間についての予備的全国集計では、清澄液と軽食の空腹時間が現在のガイドラインで推奨されているよりも短いことが多いが、サブ群分析には被験者数が少なすぎることが示された。そこで、より多くの参加施設とより大きな被験者数による本拡大研究の主な目的は、清澄液または軽食の空腹時間の短縮が、小児の全身麻酔時の逆流や…
コメント:2

続きを読むread more

術中麻酔引継ぎと患者の罹患率および死亡率との関連:系統的レビューとメタ分析

・手術中の麻酔患者ケアの引継ぎはよくあることである。ただし、患者の転帰との関連は不明である。この系統的レビューは、患者の転帰に及ぼす術中の麻酔の引継ぎの影響を評価することを目的とした。 ・手術室での麻酔担当者間で麻酔診療の術中引継ぎと患者の罹患率/死亡率との関連性を具体的に調査した全ての前向きおよび後ろ向きの臨床研究が含まれた。検…
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19 の成人入院患者の短期生存を予測するためのリスクファクターベースのシステムの開発と検証:多施設後ろ…

・2019 年コロナウイルス病(COVID-19)は、世界的に懸念される公衆衛生上の重大インシデントとなっている。14 日と 28 日死亡率の危険因子を調査し、COVID-19 の成人入院患者の 14 日と 28 日生存率を予測するモデルを開発することを目的とした。 ・この多施設共同後ろ向きコホート研究では、2020 年 1 月 …
コメント:0

続きを読むread more

40 年間の神経筋モニタリングと術後残存筋弛緩:メタ分析とネットワークメタ分析における信頼性の評価

・報告されている術後残存筋弛緩(PORC)の発生率は依然として容認できないほど高い。PORC の発生率を低下させる術中筋弛緩モニタリング(NMM)の能力は、プールされた臨床研究からまだ確立されていない。この関係を再分析するために、1979 年から 2019 年までのデータのメタ分析を実施した。 ・1979 年から 2019 年まで…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開における術後鎮痛に対する異なる硬膜外開始量の影響

・本研究の目的は、帝王切開後の術後疼痛に対して患者管理硬膜外鎮痛(PCEA)を投与された妊婦の術後疼痛スコア、鎮痛薬必要量、副作用に及ぼす異なる硬膜外開始量の影響を比較することであった。 ・年齢 18 歳から 45 歳までの 81 人の妊婦が本無作為化二重盲式研究に含まれた。各帝王切開ごとに、脊椎硬膜外硬膜麻酔を実施した。患者を …
コメント:0

続きを読むread more

急性術後疼痛は非心臓手術後の心筋傷害と関連している

・非心臓手術後の制御不能な痛みは交感神経系を活性化させ、頻脈、高血圧、心収縮性の増加を引き起こす。これらすべてが心筋の酸素需要を増加させる可能性がある。したがって、術後 72 時間の時間加重平均疼痛スコアが非心臓手術後の心筋傷害(MINS)に関連しているかどうかを調査した。 ・2012 年 1 月から 2015 年 12 月まで、…
コメント:0

続きを読むread more

C 反応性タンパク質とアルブミンの比率は、股関節骨折による骨頭置換術を受けた高齢者の死亡率を予測する可能性がある

・術前の C 反応性タンパク質(CRP)とアルブミン値の股関節骨折による手術を受けた高齢患者の死亡率との関係は以前に調査されているが、CRP とアルブミンの比率(CAR)は調査されていない。本研究は、術前の CAR と死亡率との関係を調査することを目的とした。 ・合計 254 人の患者(平均年齢 78.74 歳)を、次のデータを使…
コメント:0

続きを読むread more

イタリア、ロンバルディア州の集中治療室における COVID-19 患者の死亡率に関連する危険因子

・COVID-19 の多くは重症であり、集中治療室(ICU)でのケアが必要である。本研究の目的は、イタリアのロンバルディア地域の ICU での治療を必要とした COVID-19 患者の死亡に関連する独立危険因子を評価することであった。 ・この後ろ向き観察コホート研究には、2020 年 2 月から 2020年 4 月 22 日までに…
コメント:0

続きを読むread more

米国の COVID-19 の重症患者の死亡に関連する要因

・米国は現在、コロナウイルス疾患 2019(COVID-19)の流行の震源地であるが、患者の特徴、治療、COVID-19 ひよる重症疾患の転帰に関する入手可能な国内データはほとんどない。本研究の目的は、死亡に関連する要因を評価し、COVID-19 患者の治療における病院間変動と転帰を調査することでる。 ・この多施設コホート研究では…
コメント:0

続きを読むread more

病院職員の血液と肝臓のパラメータに及ぼす吸入された廃棄麻酔ガスの影響

・治療室や手術室の環境にある麻酔ガスや蒸気にさらされている医療従事者のセクションには、重大な健康上のリスクがある。これらの化合物は、廃棄麻酔ガス(WAG)として分類される。本研究は、WAG への慢性暴露の結果として発生する、肝臓や血液のパラメーターの変化を特定することを目的としており、病院で働くチームメンバーの健康に影響を与える可能性が…
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19 と耳鼻咽喉科手術:基本的な予防策とトリアージの簡単なレビュー

・本研究は、COVID-19 パンデミック時の患者管理に対する ENT 外科医のアプローチに関する既存の知識の簡単なレビューである。緊急手術のみを実施し、非緊急手術は後日に延期することが勧められているが、この記事は、COVID-19 パンデミック中に、耳鼻咽喉科手術のトリアージに関する考察と、手術を実施するにあたって耳鼻咽喉科外科医が考…
コメント:0

続きを読むread more

サクシニルコリンと術後肺合併症:2 つの病院ネットワークからのレジストリデータを使用した後ろ向き的コホート研究

・非脱分極性筋弛緩薬(NMBA)は、術後残存筋弛緩のリスクを伴い、術後肺合併症(POPC)に関連している。脱分極性 NMBA サクシニルコリンは、作用持続時間が短いため、術後残存筋弛緩が少なくなり、POPC が少なくなる可能性がある。著者らは、麻酔中のサクシニルコリン投与と POPC との間の関連性を検証した。 ・米国の 2 つの…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/15

【問題1】(術前管理) ファモチジンについて正しいのはどれか。 ア:胃液量を減少させる。 イ:胃液pHを上昇させる。 ウ:アトロピンと併用しても効力は変わらない。 エ:導入時の静注は既に存在する胃液pHを上昇させる。 オ:ED50はシメチジンのおよそ1/5である。     ▼     ▼     …
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡下副鼻腔手術後の麻酔管理と麻酔後の回復

・内視鏡下副鼻腔手術(ESS)後の麻酔回復の遅延は、直後の合併症の指標となり、医療効率に悪影響を及ぼしうる。本研究は、臨床診療の改善に焦点を当てて臨床因子を検討することを目的としている。 ・2014 年から 2018 年まで全身麻酔下で ESS を受けた患者の診療録がレビューされた。コホートの麻酔回復の四分位範囲に基づいて、上位四…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/14

【問題1】(免疫) 麻酔と免疫で正しいのはどれか。 ア:笑気は骨髄の造血機能を亢進させる。 イ:in vivo では、ハロセンは好中球の遊走(chemotaxis)を抑制する。 ウ:麻薬類は補体を賦活しない。 エ:麻薬は貪食作用を亢進させる。 オ:局所麻酔薬は白血球の遊走を抑制しない。     ▼   …
コメント:0

続きを読むread more

硬膜下血腫に進展した硬膜穿刺後頭痛:症例報告

・頸部硬膜外コルチコステロイド注射は、亜急性の頸部上腕痛の治療によく使用される。この療法は安全であると考えられており、合併症の大部分は軽微で一時的なものである。 ・頸部上腕痛に苦しみ、2 回の頸部硬膜外コルチコステロイド浸潤を受けた 50 代の女性の症例を提示する。2 回目の浸潤後 3 日目に、新規の頭痛が現れ、16 日目に CT…
コメント:0

続きを読むread more

婦人科腹腔鏡検査中の呼吸状態に及ぼすいろいろなレベルの呼気終末圧陽圧(PEEP)の影響

・婦人科腹腔鏡検査中、気腹、および患者の頭部位置は、心血管系および呼吸器系の病態生理学的変化につながる可能性があり、これらの患者の麻酔管理を複雑にする。腹腔鏡検査を受ける患者の呼吸状態を改善するための戦略の 1 つは、呼気終末陽圧(PEEP)の使用である。本研究は、婦人科腹腔鏡検査を受ける患者の呼吸状態に及ぼす、さまざまなレベルの PE…
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォール-レミフェンタニル麻酔中の周術期オピオイド消費量と侵害受容に関する瞳孔測定法と Surgical P…

・瞳孔測定による術中モニタリングは、侵害受容/抗侵害受容バランスのモニタリングに有望な結果を示している。ただし、臨床診療におけるその利点は依然として証明されていない。本研究の目的は、広く調査されている別のモニタリングである Surgical Pleth Index(SPI)と比較して、術中オピオイド消費量と術後疼痛に及ぼす術中瞳孔測定モ…
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術後の低血圧と死亡率との関連性に及ぼす術前リスクの影響:観察研究

・心臓手術に関連する結果の着実な改善にもかかわらず、周術期死亡率につながる生理学的メカニズムの著者らの理解は不完全なままである。術中低血圧は非心臓手術後の死亡率の重要な危険因子であるが、心臓手術という前後状況では比較的未踏のままである。検証済みの心臓麻酔リスク評価(CARE)死亡リスクスコアで定義されている患者および手術の特性によって、…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/10

【問題1】(呼吸) 術前絶食と誤嚥について正しいのはどれか? ア:1999年ASA作成の術前絶食ガイドラインでは、軽食やスナックは4時間前までとしている。 イ:シメチジン(タガメット(R))は肝血流量を減少させて、多くの薬物の代謝を遅らせる。 ウ:ファモチジンは最初に発売されたH2拮抗薬である。 エ:H2拮抗薬は導入の2…
コメント:0

続きを読むread more

テルミサルタンを休薬したにもかかわらず全身麻酔中の難治性低血圧

・アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)は、高血圧治療によく使用される。ただし、アンギオテンシン変換酵素阻害剤と同様に、ARB は全身麻酔中に難治性低血圧を引き起こすこともある。したがって、麻酔導入前 24 時間は ARB を控えることが推奨されている。 ・これは、24 時間テルミサルタンを控えてたにもかかわらず、全身麻酔導入後に…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/09

■ これって常識? ■パーキンソン病の4大主徴は,○1固縮(rigidity),○2振戦(tremor),○3運動減少(hypokinesia),無動(akinesia),○4姿勢反射障害(disturbance of postural reflex) 1)パーキンソン病の振戦は,丸薬まるめ様振戦とも形容される安静時振戦が特徴…
コメント:0

続きを読むread more

小児頭蓋骨癒合症手術のための高用量 vs 低用量のトラネキサム酸:二重盲式無作為化対照非劣性試験

・トラネキサム酸(TXA)は、小児の頭蓋骨癒合症手術における出血量と輸血を減らす。仮説は、薬物動態モデリングによって決定された低用量 TXA は、小児での出血量および輸血の減少において高用量 TXA よりも優れているということである。 ・頭蓋骨癒合症手術を受ける小児は、2 施設の前向き二重盲式無作為化非劣性対照試験に登録され、高 …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/08

【問題1】(心臓・血管) 人工心肺について正しいのはどれか? ア:血液成分の損傷を少なくするためには気泡型人工肺が望ましい。 イ:人工心肺前には最低ヘパリンを3mg/kg投与する。 ウ:中等度低体温とは、26〜31度である。 エ:人工心肺回路の充填には通常1.5-2.5Lの晶質液や晶質-膠質液が使用される。 オ:プロタ…
コメント:0

続きを読むread more

手術前に慢性疼痛を伴う人工膝関節置換術を受けた患者における術後疼痛の発生率と生活の質に関するセボフルランとプロポフ…

・頻繁に使用される全身麻酔薬としてのプロポフォールとセボフルランは、術後痛に影響を与える可能性がある。著者らの研究では、セボフルランまたはプロポフォールで麻酔をした人工膝関節置換術(TKA)を受ける慢性疼痛患者に術後疼痛の発生率に差があるかどうかを調査した。 ・患者は、TKA 中の麻酔維持のためにセボフルラン(S 群、n=50)ま…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/07

【問題1】(脳神経外科の麻酔) 脳血流量について正しい記述はどれか。 ア:PaCO2が20−80mmHg程度の間では、PaCO2が1mmHg上昇するごとに、脳血流量は1−2ml/100g/min増加する。 イ:イソフルランによる脳血流量の増加は、過換気により抑制することができる。 ウ:脳波異常を起こす脳血流量は、イソフルラ…
コメント:0

続きを読むread more

血液製剤の輸血と心臓手術後の急性腎障害との関連性

・急性腎障害(AKI)は、死亡率の増加に関連する心臓手術後の重症の合併症である。赤血球輸血は、AKI を発症するリスクを高める。ただし、他の血液製剤が AKI に与える影響は、ほとんど調査されていない。本研究の目的は、赤血球、新鮮凍結血漿および血小板の輸血が術後 AKI と関連しているかどうかを調査することであった。 ・2012 …
コメント:0

続きを読むread more

逆行性腎内手術のための区域 vs 全身麻酔:系統的レビューとメタ分析

・研究の目的は、区域麻酔(RA)と全身麻酔(GA)での逆行性腎内手術(RIRS)の有効性と安全性を判断することであった。 ・2020 年 2 月に、PubMed、EMBASE、Web of Science、Cochrane Library、ClinicalTrials.gov、WHO International Clinical …
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩を受ける妊婦で、脊椎麻酔後低血圧に対するノルエピネフリン予防: 無作為化比較試験

・研究の目的は、帝王切開を受ける患者で、ノルエピネフリン(NE)と生食の予防的注入の有効性と安全性を調査することであrた。 ・患者(n=97)は無作為に、脊椎麻酔直後に NE(6μg)のボーラス投与と維持 NE(0.05μg/kg/min IV)投与か、または生食(n=98)投与を受けた。主要評価項目は、脊椎麻酔後 1〜20 分で…
コメント:0

続きを読むread more

小児 ICUでの心疾患存在下での気管挿管の安全性

・CHD と後天性心疾患の小児は、独特でリスクの高い生理学的状態を有している。非心疾患の小児と比較して、気管挿管に関連する有害事象のリスクが高い可能性がある。 ・非心疾患の小児と比較して、心疾患小児の気管挿管に関連する有害事象の発生を評価しようとした。国際的な小児 ICU 38 室から得た気管挿管の後ろ向き的分析は、全国小児緊急気…
コメント:0

続きを読むread more

下肢手術中のアヘン中毒患者と健常者の脳脊髄液および脊椎麻酔パラメータ

・これまでの研究は、手術のために脊椎麻酔を受ける非中毒患者と比較して、中毒者では、疼痛閾値が低く、脊椎麻酔持続時間が短く、知覚ブロックレベルが低いことが報告されている。さらに、血液ガスと脳脊髄液(CSF)も同様に影響を受ける可能性があった。本研究の目的は、下肢手術中の依存症患者と非依存症患者の脳脊髄液と脊髄パラメーターを評価することであ…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/02

■ これって常識? ■失神の原因は,迷走神経反射,不整脈が多く,脳血管障害は少ない 1)救急外来などで一過性意識消失発作(失神)をみた場合,脳血管障害をはじめとする頭蓋内病変を想定して,初めに頭部 CTを撮る場合が多いが,失神の原因は,原因不明のものを除けば一番多いのが迷走神経反射,起立性低血圧(32%)で,不整脈による失神(…
コメント:0

続きを読むread more

全関節形成術におけるアセトアミノフェンの有効性と安全性:系統的レビューと直接メタ分析

・経口および静脈内(IV)アセトアミノフェンは、初回人工関節全置換術(TJA)のマルチモーダル疼痛管理プロトコルの一部として、周術期に広く使用されるようになった。著者らの研究の目的は、米国股関節および膝外科医協会、米国整形外科医学会、股関節学会、膝学会、および米国区域麻酔と疼痛管理学会の統合臨床診療ガイドラインを支持するアセトアミノフェ…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/01

【問題1】(筋弛緩) 非脱分極性筋弛緩薬投与時の筋弛緩モニターについて正しいのはどれか。 ア:単収縮高(0.1Hz刺激)の減少はアセチルコリン受容体の75%が遮断されてからである。 イ:四連刺激(TOF)におけるT4の消失は単収縮高の75%抑制に匹敵する。 ウ:TOF比が0.75以上あれば気管内チューブ抜管に必要な筋力が回…
コメント:0

続きを読むread more