全関節形成術におけるアセトアミノフェンの有効性と安全性:系統的レビューと直接メタ分析

・経口および静脈内(IV)アセトアミノフェンは、初回人工関節全置換術(TJA)のマルチモーダル疼痛管理プロトコルの一部として、周術期に広く使用されるようになった。著者らの研究の目的は、米国股関節および膝外科医協会、米国整形外科医学会、股関節学会、膝学会、および米国区域麻酔と疼痛管理学会の統合臨床診療ガイドラインを支持するアセトアミノフェ…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/01

【問題1】(筋弛緩) 非脱分極性筋弛緩薬投与時の筋弛緩モニターについて正しいのはどれか。 ア:単収縮高(0.1Hz刺激)の減少はアセチルコリン受容体の75%が遮断されてからである。 イ:四連刺激(TOF)におけるT4の消失は単収縮高の75%抑制に匹敵する。 ウ:TOF比が0.75以上あれば気管内チューブ抜管に必要な筋力が回…
コメント:0

続きを読むread more