下肢手術中のアヘン中毒患者と健常者の脳脊髄液および脊椎麻酔パラメータ

・これまでの研究は、手術のために脊椎麻酔を受ける非中毒患者と比較して、中毒者では、疼痛閾値が低く、脊椎麻酔持続時間が短く、知覚ブロックレベルが低いことが報告されている。さらに、血液ガスと脳脊髄液(CSF)も同様に影響を受ける可能性があった。本研究の目的は、下肢手術中の依存症患者と非依存症患者の脳脊髄液と脊髄パラメーターを評価することであ…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/02

■ これって常識? ■失神の原因は,迷走神経反射,不整脈が多く,脳血管障害は少ない 1)救急外来などで一過性意識消失発作(失神)をみた場合,脳血管障害をはじめとする頭蓋内病変を想定して,初めに頭部 CTを撮る場合が多いが,失神の原因は,原因不明のものを除けば一番多いのが迷走神経反射,起立性低血圧(32%)で,不整脈による失神(…
コメント:0

続きを読むread more