手術前に慢性疼痛を伴う人工膝関節置換術を受けた患者における術後疼痛の発生率と生活の質に関するセボフルランとプロポフ…

・頻繁に使用される全身麻酔薬としてのプロポフォールとセボフルランは、術後痛に影響を与える可能性がある。著者らの研究では、セボフルランまたはプロポフォールで麻酔をした人工膝関節置換術(TKA)を受ける慢性疼痛患者に術後疼痛の発生率に差があるかどうかを調査した。 ・患者は、TKA 中の麻酔維持のためにセボフルラン(S 群、n=50)ま…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/07

【問題1】(脳神経外科の麻酔) 脳血流量について正しい記述はどれか。 ア:PaCO2が20−80mmHg程度の間では、PaCO2が1mmHg上昇するごとに、脳血流量は1−2ml/100g/min増加する。 イ:イソフルランによる脳血流量の増加は、過換気により抑制することができる。 ウ:脳波異常を起こす脳血流量は、イソフルラ…
コメント:0

続きを読むread more