小児頭蓋骨癒合症手術のための高用量 vs 低用量のトラネキサム酸:二重盲式無作為化対照非劣性試験

・トラネキサム酸(TXA)は、小児の頭蓋骨癒合症手術における出血量と輸血を減らす。仮説は、薬物動態モデリングによって決定された低用量 TXA は、小児での出血量および輸血の減少において高用量 TXA よりも優れているということである。 ・頭蓋骨癒合症手術を受ける小児は、2 施設の前向き二重盲式無作為化非劣性対照試験に登録され、高 …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/08

【問題1】(心臓・血管) 人工心肺について正しいのはどれか? ア:血液成分の損傷を少なくするためには気泡型人工肺が望ましい。 イ:人工心肺前には最低ヘパリンを3mg/kg投与する。 ウ:中等度低体温とは、26〜31度である。 エ:人工心肺回路の充填には通常1.5-2.5Lの晶質液や晶質-膠質液が使用される。 オ:プロタ…
コメント:0

続きを読むread more