心臓手術後の低血圧と死亡率との関連性に及ぼす術前リスクの影響:観察研究

・心臓手術に関連する結果の着実な改善にもかかわらず、周術期死亡率につながる生理学的メカニズムの著者らの理解は不完全なままである。術中低血圧は非心臓手術後の死亡率の重要な危険因子であるが、心臓手術という前後状況では比較的未踏のままである。検証済みの心臓麻酔リスク評価(CARE)死亡リスクスコアで定義されている患者および手術の特性によって、…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/10

【問題1】(呼吸) 術前絶食と誤嚥について正しいのはどれか? ア:1999年ASA作成の術前絶食ガイドラインでは、軽食やスナックは4時間前までとしている。 イ:シメチジン(タガメット(R))は肝血流量を減少させて、多くの薬物の代謝を遅らせる。 ウ:ファモチジンは最初に発売されたH2拮抗薬である。 エ:H2拮抗薬は導入の2…
コメント:0

続きを読むread more