プロポフォール-レミフェンタニル麻酔中の周術期オピオイド消費量と侵害受容に関する瞳孔測定法と Surgical P…

・瞳孔測定による術中モニタリングは、侵害受容/抗侵害受容バランスのモニタリングに有望な結果を示している。ただし、臨床診療におけるその利点は依然として証明されていない。本研究の目的は、広く調査されている別のモニタリングである Surgical Pleth Index(SPI)と比較して、術中オピオイド消費量と術後疼痛に及ぼす術中瞳孔測定モ…
コメント:0

続きを読むread more