硬膜下血腫に進展した硬膜穿刺後頭痛:症例報告

・頸部硬膜外コルチコステロイド注射は、亜急性の頸部上腕痛の治療によく使用される。この療法は安全であると考えられており、合併症の大部分は軽微で一時的なものである。 ・頸部上腕痛に苦しみ、2 回の頸部硬膜外コルチコステロイド浸潤を受けた 50 代の女性の症例を提示する。2 回目の浸潤後 3 日目に、新規の頭痛が現れ、16 日目に CT…
コメント:0

続きを読むread more