内視鏡下副鼻腔手術後の麻酔管理と麻酔後の回復

・内視鏡下副鼻腔手術(ESS)後の麻酔回復の遅延は、直後の合併症の指標となり、医療効率に悪影響を及ぼしうる。本研究は、臨床診療の改善に焦点を当てて臨床因子を検討することを目的としている。 ・2014 年から 2018 年まで全身麻酔下で ESS を受けた患者の診療録がレビューされた。コホートの麻酔回復の四分位範囲に基づいて、上位四…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/14

【問題1】(免疫) 麻酔と免疫で正しいのはどれか。 ア:笑気は骨髄の造血機能を亢進させる。 イ:in vivo では、ハロセンは好中球の遊走(chemotaxis)を抑制する。 ウ:麻薬類は補体を賦活しない。 エ:麻薬は貪食作用を亢進させる。 オ:局所麻酔薬は白血球の遊走を抑制しない。     ▼   …
コメント:0

続きを読むread more